「北政所と淀殿」小和田哲男

| コメント(0) | トラックバック(0)
吉川弘文館★★
kitanomandokoroto.jpg
副題は「豊臣家を守ろうとした妻たち」。ま、中身もそのとおりで、通説みたいに北政所と淀殿は仲が悪かったわけではない。北政所が家康べったりだったわけでもない。関ケ原の合戦前も、迷う小早川秀秋(甥っこですね)に「内府に味方しなさい」ともたぶん言わなかった。

ま、そうしたことを、いろいろ文献しらべて述べているわけです。かならずしも厳密な研究書ではないけど、平易な人気取り解説書でもないです()。

掲載の資料、いちおう読みやすく配慮して掲載してはあるものの、更に現代文で開いて再掲なんかしていません(したがって読者が一応は苦労して読まないといない)。といっても「この説はとらない」「これは妥当性があると思う」てな具合に、けっこう簡潔に断言もしています。乱暴みたいだけど、そうしないと前にすすめないか。

そうそう。小和田センセーの考えでは、例の方広寺の「国家安康」「君臣豊楽」の件、完全に家康のイチャモンというのは無理があって、豊臣方にそれなりの隠し意図があったんじゃないか。それを発見されてしまったのでは・・・というらしいです。

なんせ版元が吉川弘文館ですから。信用というものでしょう。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2128

コメントする

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、kazが2021年2月27日 13:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「古代エジプト 知られざる大英博物館」」です。

次のブログ記事は「「超・反知性主義入門」小田嶋 隆」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて