ビデオカードが壊れた

| コメント(0) | トラックバック(0)
朝、PCの電源入れてしばらくしてから「?」と気がついた。画面が黒いままだ。

へんだなーと再度スイッチを押す。なんか反応している気配はあるんだけど、結局はそれっきり。

うーむ。壊れたか。前兆は皆無でした。

筐体をあけて、チェックしながら何回も電源投入。LEDの点灯順やらBeep音パターンやら。キーボードに電気は通っている気配。各ファンも回転している。SSDが動いているかどうかは不明。ボタン電池を外してみたり、メモリを抜き差ししたり入れ換えてみたり。ビデオカードを刺し直してみたり。いろいろ。

確信はないけど、結論。たぶんビデオカードが壊れた。あるいはモニターに繋がるケーブルが断線という可能性もあるけど、ま、違うでしょ、きっと。

もしCPUが壊れたとしても症状は合うけど、CPUって構造的にかなり丈夫なはずだし、違う、違う。マザーボードも買ったばかりの新品だし、違う、違う。昔みたいにバッテリーが腐食もたぶんない。

怪しいのは9年ものの電源と、やはり9年経過のビデオカードでしょう。マザーボードのあちこちに電気は通っているようなので、たぶん電源が原因ではないだろうけど、うーん、2012年購入の電源だからなあ。そろそろ変えてもいい頃合いか。よく使ったなあ。

ということで、手頃なGTX1050Tiのビデオカードと、ついでに(たぶん無罪だろうけど)電源はANTECの550W(80PLUS GOLD認証)。いまの時期、やたら半導体関係が高騰していて、非常にタイミングは悪いんですが、こればっかしは仕方ないです。

gtx1050ti.jpgGTX1050Tiカードもかなり高いです。ひところの倍以上。しかしこれ以下の性能のカードになると買う意味があまりない(最初からビデオ搭載CPUにするほうが賢い)。で、いろいろ苦悩の末、初めてのクロシコに挑戦しました。玄人志向ブランドですね。なんとなく毛嫌いして、今まで避けてきたんだけどね。安さに負けた。

玄人志向のGeForce GTX 1050Ti 4GB デュアルファン。シングルファンのほうがよかったけど、在庫がなかった。ちなみにクロシコ(玄人志向)というのは、バッファロー(メルコ)、CFDの系列で一応は信頼できるはずです。ただ、素人は買うなよな!というコンセプスト。包装なんかは非常にシンプル。製品もたぶんシンプル構造。アフターサービスは基本的にナシ。

antecNe550.jpgセットしてみましたが、発色もふつうだし、ま、何といって変化もなし。そうそう、何が違うか知りませんがモニターとはHDMIケーブルの接続です。最初に電源入れたときは反応がなくて、ちょっと焦った。

そうそう。ANTECの550W電源はとりあえず箱のまま保管。そのうち現状のCougar GX 600と交換予定です。


他はともかく冷却ファンだけは高寿命であってほしいなあ。そのへんは不明。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2192

コメントする

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、kazが2021年9月29日 11:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知床の港」です。

次のブログ記事は「画像の色ズレは埃のせい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて