「東眺西望」陳舜臣

| コメント(0) | トラックバック(0)
たちばな出版★★★
touchousaibou.jpg
どこかに「歴史エッセイ」と記してありました。なるほど。世界の歴史を総括的に、坦々と概観する。「歴史書」ではないですね。歴史を題材にした雑感です。

そういう意味で特に目新しい記述はないのですが、陳さんの人柄なんでしょうか、読後感がいいです。たのしいものを読んだという感じ。

強いていうと、通常のギリシャ・ローマ史観の流れにインドや中国などアジアを混ぜ合わせる。アジア史のほうが大きな影響力をもつ時代が長かった。世界の中心はアジア。ついでに、世界の中心はサマルカンド

たとえばスペインやボルトガル。従来の史書ではともすると国土復興=レコンキスタ以降の歴史しか強調されていませんが、実際にはむしろイスラム国家としての時代が長かったはずです。

もちろん個人的には、ウマイヤ朝イベリアの歴史を特に知ろうとは思いません。しかしグラナダの陥落は、ガスの溜まっていたラムネのフタをあけたようなもんでしょう。サラセンのフタがふっとんで、その噴出の勢いが大航海時代のエネルギーになった。そういう構図。なるほど。

そうそう。細かいこと。インドのムガール帝国ですが、ムガール=モンゴルだそうです。モンゴル帝国。いわれてみればたしかに。いままで思いつきもしなかった。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2194

コメントする

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、kazが2021年9月30日 09:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「画像の色ズレは埃のせい」です。

次のブログ記事は「「室町無頼」垣根涼介」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて