2006年6月アーカイブ

曇り

田舎の小さな城下町に生れ育ちました。マッチ箱のような家並みの、眠ったような町です。城下といってもなんせ三万石とかの小大名です。城が残っているわけでもなく、たしか館跡のようなものがあったような。

で、先日。その町の小学校の話が全国紙に小さく載っていた。何か事故があったようです。

その事故のことはともかくとして、驚いたのは町名が違っていたこと。○○町だったのが、△△市になっている! ひゃー、合併吸収されてしまったのか。人口2万くらいの小さな町が、人口4万弱の小さな市とくっついて、6万弱の新しい市になった。なんせ田舎だから、新市の面積だけはかなり広そう。市の広報ページを見たら東西30キロの23キロとありました。山が大部分でしょうけど、だだっ広いです。

無意味ですが、世帯あたりの面積を計算してみました。なるほど。世帯あたり0.02平方キロメートルです。1平方キロなら1000メートル×1000メートル。0.01平方キロなら100メートル×100メートル。となると、だいたい家一軒で100メートル×200メートルの土地を占有しているわけか。2万平米、6000坪。

ま、平均です。実際には人間だけでなくタヌキとかクマとかサルとかもいっぱい住んでいる。タヌキが10万坪を占有していて、クマが30万坪で、ぜーんぶ含めての平均6000坪。

ふと、帰ってみたくなります。 
曇り

Robert Silverberg 編の「Legends: Short Novels by the Masters of Modern Fantasy」という本。ここに目的の短編が入っているようなので、Amazonから取り寄せました。しかし、またもや失敗。届いたのは巻3。欲しいのは巻2だった・・・。えーい、腹のたつ。

Amazonのレビュー(英文)が紛らわしいんだよなぁ。○○、××、△△などが入っている・・という解説、どうも巻1から巻3まで通しての解説だったらしい。巻3にはル・グインのゲド戦記外伝があるんで、そう損でもないんだけど、でもル・グインの英語なんて読めるかどうか。

別件。

昨夜は仕事先からの帰り、偶然のなりゆきで前の会社の同僚連中と飲みました。新橋の安酒屋で道路っぱたのテーブルに陣取ってビールと焼酎。すぐ背後を人やクルマが通るような、風通し良好なテーブルです。いかにも新橋。

さほど飲まなかったつもりですが、それでも量がいったのかな。朝起きたら頭の芯が少し重い。 

アーカイブ

最近のブログ記事

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2006年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年5月です。

次のアーカイブは2006年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて