2008年10月アーカイブ

曇り

「ホテルなんて高くない」そうですが、ま、庶民にとっては決して安くはないです。安くはないけど年に一回くらい、それも昼のバッフェなら、贅沢もほどほどというものでしょう。ほんの一時の宰相気分。

ということで今年も帝国ホテルに集まりました。

次兄のオゴリでシャンペンを抜き、豊かな雰囲気で時間を過ごすことができました。そうそう。今年は5兄の長男も初参加。少しくらい踏んでも叩いても心配なさそうな青年に育っていました。たのもしいですね。職場では「話の2~3割は英語」とか言うておりましたが、そういう国際派人間がこの家系から誕生したのか。ん、そういえば姉の長男もインドネシア駐在が長い。時代というものです。

とかなんとかで恒例の梅干しをもらって解散。あとで聞いたら茗荷も少しいただいたとか。翌日の朝食でさっそくいただきました。

亡くなった母親がいつも「おまえは茗荷が好きだったから」と、帰省するたびに茗荷の味噌汁、茗荷の漬け物を出してくれた。私は茗荷なんて好きではなかったんだけどなあ。

田舎の床の間にかけてあった掛け軸。虎の目に火箸を刺したのは私なのか、5兄なのか、4兄なのか。真相なんて今になるとどうでもいい。どうでもいいけど、誰が穴をあけたんだろう。
曇り

「ホテルなんて高くない」そうですが、ま、庶民にとっては決して安くはないです。安くはないけど年に一回くらい、それも昼のバッフェなら、贅沢もほどほどというものでしょう。ほんの一時の宰相気分。

ということで今年も帝国ホテルに集まりました。

次兄のオゴリでシャンペンを抜き、豊かな雰囲気で時間を過ごすことができました。そうそう。今年は5兄の長男も初参加。少しくらい踏んでも叩いても心配なさそうな青年に育っていました。たのもしいですね。職場では「話の2~3割は英語」とか言うておりましたが、そういう国際派人間がこの家系から誕生したのか。ん、そういえば姉の長男もインドネシア駐在が長い。時代というものです。

とかなんとかで恒例の梅干しをもらって解散。あとで聞いたら茗荷も少しいただいたとか。翌日の朝食でさっそくいただきました。

亡くなった母親がいつも「おまえは茗荷が好きだったから」と、帰省するたびに茗荷の味噌汁、茗荷の漬け物を出してくれた。私は茗荷なんて好きではなかったんだけどなあ。

田舎の床の間にかけてあった掛け軸。虎の目に火箸を刺したのは私なのか、5兄なのか、4兄なのか。真相なんて今になるとどうでもいい。どうでもいいけど、誰が穴をあけたんだろう。
曇り

急に涼しくなりました。さすがにガマンできず数日前から長袖を着用。トシですかね、寒さに耐性がなくなっている。

先月下旬、子供の遅い夏休みにあわせて沖縄へ行ってきました。というより、子供に連れていってもらいました。ありがとさん。

本部半島の付け根あたりのホテルに宿泊してダラダラ。何をするってお決まりの行動で、レンタカーで水族館へ行ったりプールサイドで少し寝そべったり。そうそう、ちょっと関心のあった瀬底という島にも渡ってみました。「象の時間、鼠の時間」の本川さんがいた臨海試験場のある小島です。今は橋ができているので簡単に渡れる。

ただし渡ったからといって何があるわけでもなし。途中から道がどんどん細くなって、舗装を切れて農道ふうになる気配で、あわててバックしてUターンして引き返しました。下手したら身動きとれなくなるところだった。

最後の夜は那覇の汚い居酒屋で一杯。子豚ソーキの網焼きという珍しい逸品がありました。美味しかったけどお腹がいっぱいで残してしまったのが心残り。また機会があったら行きたい店でした。

かくして9月もおしまい。もうすっかり秋になってしまいました。

アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年8月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて