最強の囲碁 新・高速思考版

| コメント(0) | トラックバック(0)
たまたま囲碁関係のサイトをのぞいてみたら、なんか最近の対局ソフトは強くなってるらしいです。ふーん。

そういえばプロ棋士がソフトと対戦して、もちろん置き碁ですけど負けたというニュースもあった。将棋ソフトが強いのはともかく、碁は空間が広すぎて話にならないというのがずーっと常識だったんですけどね。

モンテカルロ法を採用してから急に強くなったんだそうです。モンテカルロってのは、確か乱数かなんか使って統計的に(たぶん)計算するような理論だったような。統計的というのも的を外しているかな。

ま、とにかく対局ソフトが一気に強くなった。ものによっては4段とか5段とか公称しているらしい。本当ならすごいです。

とかなんとか。急に興味をそそられて、あちこち見て回りました。ついでにフォルダの片隅に眠っていた古い対局ソフトを引っ張り出して一局打ってみる。はい。あっさり負けました。10年以上前のソフトですが、何も考えずに打つと足元をすくわれます。そもそもがヘボだし、先を読むというか、辛抱して考えるのがどんどん苦手になってるんで、簡単には勝てません。

そんな程度の実力なら、わざわざ強いソフトを買う必要もないんですが、でもなんか欲しくなりました。今は「天頂の囲碁4」というのが一番人気みたいですね。ただし買おうすると9000円はします。9000円はもったいないなあ。

更に探し続けると、ちょっと古いフソフトを廉価版にしたものもあることを発見。なるほど。いろいろ検討の末「最強の囲碁 新・高速思考版」というものを買いました。「最強の囲碁2011」の焼き直しのようです。買ったといってもアマゾンにお金を払ってのダウンロードで1800円強。便利なもんです。

igo2013.jpgさっそく「普通レベル」でいいかげんに打ってみたら、あっさり大石を殺されました。やっぱり強いみたいです。時間のあるときに、少し真面目にやってみるか。

いいんだか悪いんだか知りませんが、盤面が立体的になっていて、ちょっと違和感です。ただし真上から見下ろした盤面にする方法は発見できず

ま、いいけど。

追記
そんなことはなかった。当然ですわな。矢印キーで仰角変更も回転も可能でした。最新ソフトをあなどっちゃいけない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1091

コメントする

アーカイブ

この記事について

このページは、kazが2013年3月20日 17:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「昔はみんな番傘だった」です。

次の記事は「土曜の小金井公園は六分咲き程度」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。