2018年8月アーカイブ

作品社 ★★★
mariestuart.jpg
図書館で見かけたので借出し。デュマだから面白いとはいえません。けっこうダラダラしたのもある。で、デュマがメアリー・スチュアートをどう思っていたのか、ちょっと興味。少なくとも美人だったらしいですから。

書中でもイングランドのエリザベスとメアリー・スチュアートのさや当てが頻出します。この二人、また従姉妹になるのか大叔母と姪とかになるのか。よく知りませんが、とにかく親戚ですね。

で、たとえばスコットランド大使にエリザベスが何度も確認する。メアリは私より美人なのか。色白なのか。背が高いのか、どうなのか。大使もこうした質問に答えるのは難しいでしょうね。「イングランドでは女王陛下にかなうような美女はおらぬかと存じます

こんな返事じゃエリザベスは不満。ついに「はい。女王陛下より少し背はお高いかと存じます」という返答をひきだしてエリザベスが喜ぶ。「私より高いのなら、それはスタイルがいいとは言えないわね。背が高すぎよ」

めんどうだなあ

デュマに言わせると「エリザベスは女である前に女王であった。メアリは女王である前に女であった」 うん、いかにもデュマが好きそうなセリフです。

で、とにかくエリザベスは大嫌いなメアリを幽閉して、最後は無理やり死刑。生かしておくには怖すぎたんだろうなあ。なんせエリザベスには子供がいないという弱点がある。大嫌いな女に「イングランドの王位を求めるわよ!」なんて言われたら死んでもしにきれない。

ま、結局はメアリの息子がイングランド王になったわけですけど。

そうそう。死刑命令への署名をさんざん迷ったあげく、いざ処刑のあとは「誰が執行したのよ。まだやるとは思っていなかったのに。責任者、出てこい!」とか大騒ぎして責任回避。まるでトランプです。困った女王だなあ。


文藝春秋 ★★★
tennojituroku.jpg
昭和天皇実録」というのは、宮内庁が24年かけて編纂、全60巻を平成26年から刊行開始して天皇皇后に奉呈というものらしい。いわば前天皇に関する公式史ですね。

で、半藤一利、御厨貴、磯田道史、保阪正康らが対談鼎談の形で、この出たばかりの「昭和天皇実録」について語る。今回の中身は昭和天皇の幼少期から開戦、終戦のあたりまで。

「実録」だからといって書かれたことをそのまま真っ正直に受け取るわけにはいかない。たぶん嘘は書いてないんだろうけど、問題は「書かれなかったこと」にある。あるいは「妙にページを使って」詳細を語っている部分。意図がある。

推測によると、非常に賢くセンスのいい書き手が、渾身の配慮の記述をしているもよう。嘘は書かない。でも真実も書かない。ただ他の多くの資料を参照し、行間を必死に読んでいくと、真実らしいものの断片が見えてくる。そういう性質のものらしいです。

ザーッと読み流しただけですが、天皇ってストレスの固まりだったんだなあ。母親には期待されず、弟からは突き上げられ、重臣も軍部もちっとも言うことを聞いてくれない

ただし「平和を祈念しながらも抵抗できず流されていって・・」という悲劇の人ともまた違う雰囲気。平和主義の天皇であり、同時に大日本帝国陸海軍の大元帥でもあり、そして皇祖皇宗の末の大神官としての立場もある。ややこしいんです、たぶん。

少なくとも「天皇になりたい・・」とは絶対に思わなくなる。


扶桑社 ★★★★
edanoenzetu.jpg
アマゾンで購入。副題は「安倍政権が不信任に足る7つの理由」。税込みで745円です。

いそいで単行本化したため8月9日の初版には正誤表がついてるという話でしたが、1週間たたないうちにニ刷。修正されていました。けっこう売れているらしい。

手にとってみると、うーん、さすがに薄いですね。128ページじゃ仕方ないか。本というより、小冊子という言い方が正しい。380円くらいなら妥当という印象。でもそもそも「エダノ応援」と「シンゾー行状録・備忘録」として注文したような部分もあるし、文句いう気はなし。

中身は非常に優れています。民主主義や多数決の原理、議員内閣制とは何か。論理的かつ明快に説明しています。平易だけど格調がある。原稿なしの演説でそれができるのはすごいですね。

中3の社会か高校の公民あたりで副教材に使ったらぴったりというような本です。子供たちはぜひとも読んでほしい。そして保守の人にもぜひ読んでほしい。エダノという人は、ある意味では正統な保守です。

扶桑社によると、印税分は7月豪雨義援金として赤十字に寄付するそうです。それにしても、なんでフジサンケイ系列の「扶桑社」なんだろ。


筑摩書房 ★★
bunmeitoshiteno.jpg
なんか面白そうな気がして借出し。うーん、悪い本ではないですが、どう感想したらいいのか・・・。

要するに、徳川時代ってのは閉鎖的な暗い時代なんかではなくて、それなりに文化が花開いた時代だっだのだ。たとえばコレとかアレかと・・・・という事例集。そりゃそうだろ、という感じで、あまり驚きがなかった。

あ、驚きというか新事実。あの「折たく柴の記」の新井白石。彼がイタリア人宣教師から聞き書きした「西洋紀聞」の話が紹介されているんだけど、そこで白石がかなり小柄であることが判明。要するに背が低かった。小さい白石がでっかいイタリア人を尋問している。

だからどうということでもないですが、知らんかった。私、背が低いとか高いとか、牛肉が好きだったとか嫌いだったとか、瑣末なようでいてその人間を知るためにはけっこう重要と思っています。だから森鴎外が飯に餡を乗せて食べるのが好きだったなんて話、すごく面白いと思います。


NHKスペシャルで「駅の子・・」という番組を見る。

駅に寝泊まりしていたこうした浮浪児、戦災孤児たちがその後どうなったのか。ずーっと疑問に思っていた。浮浪児狩り(たしかそういう言い方だったと思う)で保護されれば、たぶんなんとか生きながらえることができたんだろうけど、多くは飢え死にしたり凍え死にしたり。火垂るの墓ですね。

子供の頃、お祭りになると見かけた白衣の傷痍軍人。あの人たちもそれからどうなったのか。親は「見るな」と言っていたから、多くは偽だったのだろうか。

なにしろ戦後生まれなので詳しいことはもちろん知らない。しかし実際にみかけたり、あるいはニュース映画の一場面としての知識はあった。そして、いつのまにか見かけなくなった。

小学校低学年、髪が伸びたり爪が伸びたりすると家のおなご衆から「浮浪児みたいだ」と言われた。女の人って、クリクリ丸坊主の子供が好きなんですね。ちなみに爪が伸びると「オニの爪」とか「天狗の爪」と言われる。

で、「浮浪児」はごくふつうの言葉でした。それがいつ「駅の子」になったのか。「浮浪児」は差別語ということになったのだろうか。そうそう。「戦争孤児」という言い方も知らなかった。記憶していたのは「戦災孤児」。なんか違いがあるんだろうな、きっと。

言葉の使い方、なんか変化しているようです。つい先日もテレビののど自慢でアナウンサーが参加者を「ナントカの和菓子職人さん」と紹介していた。おかしくないようだけど、「さん」に少し違和感がある。包丁鍛冶師さん。解体業者さん、リベット作業員さん。どれも、少しずつズレている。でも「ズレてる」と言うと「え?」と驚かれる、きっと。

ヘリからリポートしているテレビ記者が「あちらに見える橋が言問橋になります」などど言う。「言問橋です」と断言するのを躊躇する気分があるんだろうな。なるべくアイマイに、無難なように。迷ったらより丁寧に。だから「犯人の父親がお帰りになった際に」なんて奇妙な言い方が登場する。

Docomoからパンフの類をまとめたものが届いた。毎月1000円しか使わない客になんの用だろ?と開封したら、ま、要するに「新しいスマホはお薦めですよ」という種類のものでした。富士通からかな、シニア向けの新スマホができたとか、ついでにドコモにはちょっと安い料金体系もあるのでご紹介。Docomo with。おすすめでーす。

ザッと読んでみましたが、どうも「スマホ、欲しいけどよくわからないし、高いし・・」という人向けらしい。つまり、最初から「ほしい・・」と思っている前提。「知ってるけどいらない」「あんな高額を払う気は毛頭なし」「イヤだね」という依怙地な人は想定していない。

もう少し説明すると、えーと、まず表示文字が大きくて、メニューも絞ってある。あんまり使わない人なら、割安な料金プランもあるぜよ、とかいろいろ。最低なら2700円だったかな。どっかに「毎月1500円割引」とかもあったけど、計算上は安そうに見えてもかかるのがスマホなんで、うーん、正直、あまり魅力を感じませんでした。

そもそもデータ量なんて気にしないで使うのがスマホの良さです。とうぜん、使い放題じゃないと意味なし。安く抑えるんならスマホじゃなくてガラケーで十分なんで、いろいろ矛盾が生じている。

とはいえ、そのうち「スマホ持ってないトシヨリは買い物できません!」なんて未来もありえますね。多少の情報だけは時折仕入れておくことが肝要。

朝日出版社 ★★★★
anno-chiisanaie.jpg
たぶん「大草原の小さな家」は読んだことがあるような気がします。その前作がこの「大きな森の小さな家」。これは読んでないんじゃないかなあ。もうひとつ、「プラム・クリークの土手で」は土手に家をつくるようなストーリーのようで、たぶん読んでいない。「Little House books」シリーズです。

で、安野光雅のイラストがたっぷり(ほんとにたっぷり)入った本を発見。新訳で、いちおう安野が監訳したらしい。読みやすいように、わかりやすいように。

いい本でした。「こんなに挿絵をいれる本、もう無理」と安野が言ったようで、そりゃそうだ。ほとんど「絵本」ですね。シリーズの他の本も新訳で刊行する予定だったけど、作業が大変すぎたしあまり売れないのでやめた。

内容は大きな森でのインガルスー家の一年をていねいに描いたものです。鉄砲の手入れの仕方、保存食の作り方、キツネやクマの様子。雪が溶けて春になって、夏が過ぎ、秋。そしてまた冬。ウィスコンシン州あたりの森の生活がなんか楽しいような(もちろん実際は過酷)錯覚に陥る。

ウィスコンシンってのは北がスペリオル湖に面した州です。冬はそりゃ冷えるでしょう。まだ人が少なくて、森の中は動物たちが主役だった頃の話です。アメリカにはそういう森と草原の時代があった。


アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2018年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年7月です。

次のアーカイブは2018年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて