「蒙古襲来」服部英雄

| コメント(0) | トラックバック(0)

山川出版社★

moukoshuurai.jpg


面白そうだったんですが、ほとんど読めず。ま、従来の「神風がふいて一夜で退散」を否定。文永の役はたぶん一週間くらいあったようで、日本の武士団は善戦した。

弘安の役もそうです。たぶん大風はあったんだろうけど、それだけで蒙古の軍船が全滅したわけではない。ま、そんなふうな内容・・・だと想像しています。

というわけで内容の想像はつくけど、なんとも読みにくい叙述でした。山川出版だし、小説じゃないから。とうてい付いて行けず、尻尾まいて撤退しました。
ただそれだけでは悔しいので、またぞろ「異国合戦 蒙古襲来異聞」を借り出した。岩井三四二の作で、かなり良かった記憶あり。とりあえずこっちで蒙古襲来のおさらいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2210

コメントする

アーカイブ

この記事について

このページは、kazが2021年11月22日 14:19に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「水滸伝の世界」高島俊男」です。

次の記事は「消えたあられ茶漬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。