スタスタ歩けなくなった

| コメント(0) | トラックバック(0)
積極的に散髪する気はないものの、ま、2カ月くらいたったら髪を切るか・・と思いつつ、ほとんど3カ月経ってしまった。ほんとは先月中旬の予定だった。さすがにうっとうおしい。

ポックリポックリ歩いて近所の床屋へ。最初にマッサージ無用と言うのを忘れてしまって、ゴリゴリゴリッとやられてしまった。凝ってる肩にやられると、あれ、痛いのよね。

4100円。少し値上がりした模様。前は3900円くらいじゃなかったっけ。

ポックリポックリ歩いたのには理由があって、先月あたりから右のふくらはぎが痛みだした。5分ほど歩くと痛みだす。数分やすむと、痛みが消える。間欠性跛行。あるいは間歇性跛行。要するに「時々ビッコひく」という意味です。なーんだ。医学用語って、この種がけっこう多いですね。

一緒に歩くときは、ゆっくりね、と奥さんには伝えてあります。スタスタだと痛くなる。ノッタラコ ノッタラコなら症状は出ない。で、間をとってポックリポックリ歩行。10分くらいはキープできます。

その目で見ると、世間のお年寄り、とくに男性。足の悪い人が多いですね。宿命みたいなものなのかも。

それとは別に、左のヒザは数年前から壊れかけ。駅の階段をおりるのが少し辛い。小さなナンカト靱帯が切れてるんじゃないかと自己診断している。ときおり痛みが出るとモーラステープを貼っておさめてます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2240

コメントする

アーカイブ

この記事について

このページは、kazが2022年3月10日 14:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「遅咲きの男」莫言」です。

次の記事は「「鏡と光」下巻」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。