続 目の話

| コメント(0) | トラックバック(0)

市販薬で誤魔化そうと思ってましたが、娘がクリニックへ行けという。妻もそうだそうだという顔をしている。仕方なく駅前へ。

時間をみはからった効果か、お盆の15日、中は意外にすいていて、ザッと30分待ちですみました。テキパキと両目を撮影して()、数年前に(なんと2015年だった)少し問題があったらしい左目はOKとのこと。で、肝心の右目は「霰粒腫」というんだそうです。モノライの仲間ですね。汗腺か脂肪腺かが詰まった。感染はしない。やれやれ。

二種類の点眼薬を処方。1日に4回。まじめにやるのはなかなか面倒ですが、まだ実質2日。だいぶ腫れがひいてきた感じ。うまくするとあと数日で治るかな。

眼底検査カメラ、やはり定期検診のものとは性能が違います。非常にスムーズに映像がとれました。進化してるんだなあ。そうそう、見開いた目が疲れてくる頃合いで「瞬きして!」と声がかかる。タイミングがいいです。さすがプロ。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2310

コメントする

アーカイブ

この記事について

このページは、kazが2022年8月18日 12:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「抗菌目薬」です。

次の記事は「敬老記念品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。