麒麟山

| コメント(0) | トラックバック(0)

ずーっと前から気にかかっていた「麒麟山」。なかなか出会う機会のない酒です。

kirinzan.jpg新潟県東部、福島との県境あたり阿賀町の清酒。阿賀といわれても実はあまり馴染みがなくて、昔は「津川」でした。阿賀野川の水運の重要港だったんでしょうね。

で、「麒麟山」。吟醸とかなんとか洒落たものじゃなくて、当然、普通酒「伝統辛口」の一択です()。アマゾンで1本2500円弱で出ていたので、えい!とクリックしました。ラベルがずいぶんモダンなデザインになっているんですね。

口をあけるのは正月の楽しみ。たぶん麹の香る昔ながらの味と思います。

略して「伝辛」  デンカラ。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2356

コメントする

アーカイブ

この記事について

このページは、kazが2022年12月25日 15:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「山洋のケースファン」です。

次の記事は「2022年に読んだ本」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。