正月電話

| コメント(0) | トラックバック(0)

オトコ兄弟ばっかりの中でたった一人の姉から電話。年賀状をやめたのでその代わりに、とのこと。たしか昭和八年だから、えーと、89歳かな。受話器の奥から響くような元気な声です。

消息いろいろ。一人になった義姉(次兄は先年亡くなった)、寂しいかと少し心配していましたが、話によるとこの正月は息子が来ているとか。よかった。これも独り暮らしになっている弟(四男)のほうは電話してみたけど不在。どっか遊びにでも行ったのか。心配はしていないけど、あとでもう一度電話してみるつもり。

思い切って手術した膝の具合はどう?と尋ねたけど、どうも聞こえてないようでハハハと賑やか。(たしか北海道にいたはずの)次男が手配してくれて、子やら孫やら曾孫やら楽しく集まって会をやったそうです。ま、よかったよかった。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2366

コメントする

アーカイブ

この記事について

このページは、kazが2023年1月 7日 16:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「漢字検定のアホらしさ」高島俊男」です。

次の記事は「インフルエンザ予防接種」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。