Book.20の最近のブログ記事

新潮文庫★★★
hyouryu.jpg
ときどき見ているブログの人が感想を書いていた。へぇー。これ、未読だなあ。

たまたま駅前で時間が余っていた折りに思い出して、本屋さんへ。吉村というとやはり文春ですかね。棚には5~6冊あったけど発見できず、隣の棚の講談社でもなく・・・はい、新潮文庫でした。なるほど。

江戸時代の難破ものですから、スラスラ読めます。とくに吉村昭は感情を出さない淡白な書き方なので、あまり抵抗がない。スーッと読み進める。

沖乗り船ではない小さな土佐の和船が、急な嵐にあって漂流。大きな木製のカジが壊れてしまうと和船はどうにもなりません。風で倒れそうになるので゛次は帆柱を切る。ここまでやったら船は丸坊主です。流されるだけ。自由はいっさいきかない。

こうしてたどりついたのが小笠原の鳥島。火山島、孤島です。水がない。緑もない。ただアホウドリが大量住み着いています。連中、食べ物は魚なんで、羽根をやすめる陸地があればそれで十分。葉っぱを食べるわけでもないし。

で、遭難者たちはアホなアホウドリを毎日殴り殺して食べる。雨水をタマゴの殻にためて飲む。洞窟をさがして住む。仲間が次々に死んで孤独になったころ、また違う難破船が漂着する。生活のノウハウを教えてあげる。逆に違う智恵を得る。そうやって、たしか13年経過した。

すごいですね。アホウドリの肉だけ(それも最初の数年は火をおこせず、生肉)。ときどき海草とか貝とか。それだけで生きていく。鳥の羽根を綴ってマントにする。

だんだん体が鳥臭くなる。アホなアホウドリも、少しずつ警戒して逃げたりしはじめる。アホウドリが北に渡ってしまった数カ月は、保存用の乾燥肉だけでしのぐ。辛いなあ。

ま、最終的には本国に帰るんですが(だから資料が残って、本を書けた)、こうした過酷な話を坦々と書くのは吉村昭の特徴でしょうね。最終的に郷里の土佐へ戻った主人公は「無人島」と呼ばれたそうです。墓にも「無人島野村長平」と彫られた。

井伏鱒二も同じ題材で小説を書いているようですが、10ページ程度で終わったらしい。たぶん、力尽きた。資料が少なすぎたのかな。


文春文庫★★★
senkitatino.jpg
ふと本棚から抜き出し。いつ買った本なのか。副題は「織田水軍の将・九鬼嘉隆」。いわゆる九鬼水軍の棟梁ですね。海賊のおやぶん。信長が石山本願寺を包囲したとき、毛利の水軍がせっせと物資を寺に入れた。その輸送の流れを止めようと九鬼嘉隆が考案したといわれるのが、鉄甲船。

朝鮮水軍の亀甲船と同じであまり確かな資料は残っていないようですが、ま、そういう船を大阪湾の木津川口の戦いで使用したのは事実らしいです。で、村上水軍の小舟はこれに太刀打ちできなかった。得意の焼き討ち作戦が通じなかった。

いかにも海賊衆のお話らしく、テンポがよくて面白い本です。陸の論理・倫理とは違ったところで動いている海の武将の出世ストーリー。

論理・倫理ですが、たとえば難破して浜に打ち寄せた荷物。当時は沿岸の衆の分捕り品です。誰にはばかることはない拾い物。ま、その程度の知識はありましたが、実はそれどころではなかった。嵐の夜はみんなが松明もって浜近くの高所で振り回す。その火につられて(港があると勘違いして)船が近寄る。うまく岩礁にぶつかって難破すればすごいラッキー。大儲け。溺れた連中はかわいそうだが、流れついた荷は手にはいるし、壊れた舟板も利用できる。もっと沈め、どんどん難破しろ

ま、そういう世界観です。そういう小さな海賊溜りの親分が、近所の海賊連中と戦争する。周囲はみんなボーッと生きてるのに、この九鬼の連中だけはこすっからい。激しい。異物ですね。だから嫌われて、最終的に追い出される。

追い出されてから九鬼嘉隆は躍進中の信長に仕える。波長が合ったのかうまくいってとんとん出世。結果的に志摩一国をもらう。小さいですが国持大名です。

なかなか魅力的な人物なんですが、あわせて岳宏一郎の「群雲、関ヶ原へ」を読むともっと楽しいです。「群雲・・」で描かれた九鬼嘉隆も非常に面白いキャラで、色白で唇が赤くて、その唇の甘皮をむしるクセがある。目が猛禽類のように鋭い。気味の悪いタイプだろうなあ。工夫や細工が好きで、自己流の軍用飯盒を考案したりもする。で、やはり秀吉や家康とは波長が合わない。陸の農民の感覚ではなく、海の漁師の論理で生きているからですね。で、天下分け目の合戦。嘉隆は徳川方についた息子と戦う。そして最後は自刎

追記
ボーッと生きているという点では、近衛龍春の「慶長・元和大津波奥州相馬戦記」がぴったりの本です。小さい領主たちがいがみあって農閑期に戦争をしかける。適当に勝ったり負けたりするうちに誰かが仲裁にはいって決着。そろそろ農繁期だし、引き上げるか

こうした戦い方に革新をもたらしたのが伊達政宗。なあなあの論理が通じない。困った奴だったんでしょうね。志摩の九鬼というのも同じように、ちょっと尖っていた。で、それに輪をかけたのが信長ですか。こうした容赦ない異人種・異文化が戦国を終わらせた。

PHP研究所★★★
sengokuedokogi.jpg
「東大流」というのはコレコレの方式であると説明があった気がしますが、忘れた。たいして意味はないとと思います、たぶん。

ま、戦国・江戸時代のなんやかんやを易しく説明した本です。戦国時代はいつから始まったんですか、とか、武士はなぜ切腹するんですか、とか。もろもろ。

さほど目からウロコはなかったものの、大石内蔵助が改易になった浅野藩の資産を整理、最終的に残った数百両を管理していたとは初耳だった。使途をけっこう詳しく記録していた。なるほど。これで当時の物価がかなり詳細にわかるそうです。

半分ほどは主君の未亡人に渡したり、御家再興の運動費に使ったり。結果的にスッカラカンになった。たとえば一味の誰かをどこかへ連絡派遣するとなると、それだけで旅費がかかる。上方から江戸へ出るだけで、ざっと十両は必要だったそうです。

いよいよ覚悟を決めて、最終的にみんなで江戸へいく事にしたけど、うーん、数が多すぎて旅費が足りない。しかたなく、思い切って人数を絞るべく、無理やり辞退してもらった。絞ったその人数に江戸勤番の連中をいれてトータル四十七士。

江戸でも「槍がほしい」とか「着るものがない」とか、いろいろ頼まれる。内蔵助は自分の懐からもかなり出費したようで、やはりそうだったか・・と納得でした。祇園の一力で豪勇なんて、まず、無理。多少は遊んだかもしれませんが、たいして散財できたとは思えない。

この手の話、お金を事情を加味すると、急に夢がなくなります。でも加味することが大切なんですよね。

槍の値段が4両とありました。安い。まだ戦国の名残か、在庫がたくさんあったんでしょうね。


文芸春秋★★
himegimiishin.jpg
これも途中で返却。それでも4分の3くらいは読んだかな。維新の瓦解に直面した深層の姫君たち、30人くらいを紹介しています。

へーぇ?と思ったのは、たとえば将軍家から前田へ嫁いで赤門つくらせた溶姫。あんまり幸せそうではありません。前田にとっては厄介なお方だし、本人は本人でいろいろ不満があるし。難しいですね。

そうそう。松平春嶽の庶子であるお姫様。なんやかんやの果てに芸者に身をおとし、お雇い外国人であったフランス軍人と結婚した。生まれたのが市村羽左衛門。ま、養子に出されたわけですけど。

たしか薄田泣菫の「茶話」かなんかで知った記憶もある大スターですが、この十五世の羽左衛門というのはべらぼうな美男だった。白塗りの立役。里見弴がなにかで「天才を超えた天品」と褒めてるらしい。ようするにあまり才が感じられなかった?

ま、そういう本でした。具体的な内容はあるんですが、あんまり読んで惹かれるという本ではなかったです。少しありきたり。慶喜と年上のなんとか姫、実は心を通わせて・・・とか。凡庸。


講談社 ★★
hinekureissa.jpg
ふと気が向いて読み始めたけど、途中で挫折。いえ、挫折するほど酷かったというわけではないです。悪くはない。ただ読み続けるだけの意欲が、それほど多くなかった・・ということでしょうか。エネルギー不足

やはり一茶というと、藤沢周平の一茶が強烈すぎた。読んで何十年たってもその暗さのようなものがまだ記憶に残っています。暗さ、怨念、執念、どう表現していいのか。その周平一茶とついつい比べてしまうんですかね。

ともあれ、挫折。返すのがちょっと惜しい気もしましたが。しかたない。


河出書房新社★★★
ishinusowa.jpg
少し前から「維新の志士というのは、実は単なるテロリストだったんじゃないか」「幕府は役立たずで先の見えない連中ばっかりだったというのは嘘だ」」というたぐいの疑問・説をみかけるようになりました。

ま、当然ですわな。龍馬が小説みたいに快男児で、カッコよく生きたというのは、どうしたってマユツバの感がある。ついでに西郷隆盛ってのも、なんか正体がわからん。ほんとに敬天愛人の偉人だったのか・・・。

こうしたもっともな疑問に答える書です。といっても、著者がなにかを力説しているわけではない。そうした「新しい波」「最新の研究」を紹介している本です。「本を紹介している本」ですね。

ということでこっちも詳しくは書きませんが、なるほど、幕末や維新に関係するいわゆる「常識史観」「薩長史観」、たぶん90%以上が嘘。でっちあげ。

だれがでっちあげたかというと、もちろん明治の元勲たちです。都合のいいストーリーを流布させた。都合の悪い話は消した。そうした騙しの数々が、「開明の明治維新!」という(なんとなく晴れがましい)神話によってバイアスがかかり、みーんな疑わず信じた。今でも山口出身の嘘つき政治家が、「松陰先生」がどうとか、高杉晋作の「晋」だとか、無内容にいろいろ喚いてますね。

はい。そもそも「尊皇攘夷」なんて言葉はなかった。当時としては、そんなのは常識で、あえて言うほどのもんじゃなかった。「空気」ですね。更には「藩」とか「幕府」という言い方も幕末期にはなかったそうです。明治の一時期、「廃藩置県」が論議になった数年だけ通じた言葉だった。みーんな、だれかが後になって大声で言いだした。

なるほどね。よくまあ・・という一一冊でした。

そういえば「本が好き、悪口言うのはもっと好き」の高島俊男さんも、嘘歴史の根源は大河ドラマ司馬遼太郎と、もうひとつは何だったっけ。そうそう、日本外史だった。この3つが虚構の歴史観をつくった。高島さんにはまだまだ元気でいてほしい。


朝日新聞出版★★★
kenryokunohaishin.jpg
副題が「森友・加計学園問題」スクープの現場、です。ま、そういう本です。

なかなか面白かったんですが、残念ながら前半の「森友」だけで期限がきてしまい、返却。

この総理というか政権。どうしようもないんでしょうね。トランプのミニチュア版みたいなもんで、どんな屁理屈でも曲がった論理でも、それを結果的に通してしまう。通ってしまう。有効に咎める方法がない。

昼のテレビなんかでは、顔の売れたベテラン記者が堂々と「桜も大事だが、国会がいつまでも桜にこだわっていていいのか」なんて主張をする。コロナウィルス問題が大切だから、総理や大臣が国会にばかり時間をとられていては困るんだそうです。ひぇー

そんな世の中になってしまいましたか。


平凡社 ★★★
sangokusidangi.jpg
達者でちょっと俗っぽい部分もあわせもつ二人が、酒でも呑みながら他愛なくしゃべくっている。ま、そんな雰囲気の一冊です。中身はようするに「三国志演技」についてのアレコレ。

だいたい誰でも考えるようなことが多いです。曹操は好きなんだけど演技ではずいぶん叩かれて損してるとか、張飛は当然として関羽だってけっこう難のある奴だよねとか、それでも冒頭の桃の花の下、義兄弟の契りは泣けるとか。

どこかの講評サイトで「知識が浅い!」とかお叱りの意見もみましたが、オヤジが二人、適当にだべってるだけのことです。目をつり上げるものでもない。そういえば美女貂蝉。四大美人ともいわれているそうですが、たかが董卓を殺すために身を犠牲にしてしまうのはは惜しい・・・・はい「惜しい」というのがオヤジの困った感覚です。じゃどうすればいいんだというと、それは誌面じゃ無理。

談義は別として安野光雅の絵はやはりいいですね。何点か巻頭で紹介されていました。


河出書房新社 ★★
kubikirinorekishi.jpg
何がテーマなのか、焦点の定まらない感じの本。途中で挫折。

唯一「へーっ・・」と感心したのは、首切り処刑というものの成功率。かなり低かった模様です。だからパリのサンソンなんてのが(きっと名人だったんでしょう。ムッシュ・ド・パリ)有名人になれた。

例のスコットランドのメアリー女王なんてのも、一回では首を切ってもらえず、数回かかった。かなり酷かった雰囲気です。ただ、こうした細かい部分を書くと「メアリーは勇敢かつ気高く死んだ・・」というきれいな雰囲気が壊れる。だから、あんまり書いたものがない。

ちなみに処刑人、あんまり手際が悪いと怒った観衆に襲われて殺されることもあった。命懸けだったんですね。もうひとつ、ちなみに。死刑囚は最後まで気高く、予定調和で死ぬことが期待された。神に祈って、短い演説ぶって従容と、なんかが理想。たまに見苦しく騒ぐ囚人がいると、ものすごいブーイング。下手すると群衆からリンチにあう。

死ぬときくらいは自由に・・とはいかないみたいです。


アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちBook.20カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはBook.19です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて