Old PC Memo 1



電算私史(1) 1985/11~1993


1985年(昭和60年)11月

初めての電子玩具,OASYS LiteKを購入。秋葉原のロケットにて。
OASYSを選んだのはさして深い考えがあったわけではない。すぐさま年賀状を苦労して作成。以後,おおいに活用する。価格 約5万円。必死にキーボードをおぼえる。


1986年(昭和61年)7月

5月の管理組合総会での書記を勤め,外部記憶装置の必要性を痛感。Lite用のフロッピディスク装置を購入。当時すでにディスク内臓のワープロが市販されはじめていた。腹をたてながら代金を払う。価格約5万円。


11月

数か月にわたって研究の末,FM77L2を購入。おもな理由は価格。生産停止となり、10万をきった捨て値で一部にのこっていたのである。妻が補助金を出資。秋葉原の大洋無線にて。買った当時から不満はあったがやむなし。すぐさまプログラムを作成(赤マルを書いて君が世を演奏する) 価格10万弱。

光栄のジンギスカン購入。2カ月ほど熱中。200ラインのディスプレーは見にくくかった。


1987年(昭和62年)冬

BASICのプログラムをうちこむ。すこし理解する。


6月

77用の簡易データベースシステム,Letter Bank(コマス)3万円
時代遅れの,クズソフトなれどやむなし。やはり実用にはならなかった。会社に16βが入る。部用としてdBASEを購入。社にデータベース構築関連の予備室ができたので私的(非公式)アドバイザーとなる。


8月

マイコン利用者認定試験を受験。4級および3級に合格。


9月

16βを購入。COMAS-WP3S(ワープロ)とプリンターも購入。秋葉原のシスペック。総計38万程度。社のソフト(dBASE,Maltiplan)との関連で機種選定。しかしこれらはFMRでも使えると判明し、がくぜん。16βで特に不満はないがVJEとWPの頑固さに閉口。部署用の管理索引システムを作成。dBASEを多少かじる。家計簿システム,住所録,家族日記などプログラムを組む。

ゲーム(ザナドウ)に熱中。


12月

パソコン用の大型デスクを購入。


1988年夏(4月.昇格)

ウィザードリィに熱中。マウス購入、1万円。社にワープロを導入。


12月

2種の受験を考え始める。


1989年1月

だらだらと受験参考書を眺める。おもに電車のなか,往復1時間程度。CASLにあたまをなやませる。


4月

受験予定日に緊急の仕事がはいり、受験を断念。気がぬける。またウィザードリーなどをだらだら遊んでひんしゅくを買う。10月の受験を一応は予定する。


1989年10月

2種情報処理試験を受ける。アセンブラでつまずいて失敗。熱意がすこし無くなる。


1990年(4月より職務多忙)


1991年(9月.実質降格異動)

ほとんどパソコン本も読まなくなる。会社ではひたすらワープロ。家では時折思い出したように古いゲームに数週間熱中。


1992年8月(1月.微復権異動)

77L2のディスクが不調。特にゲームの場合、読み込めずIOエラー。とうとうダメか。
TOWNSを買いたいが、予算なし。うーむ。


1992年

77L2を廃棄。16βーもディスク不良。3回ほど修理に出し、ディスク交換。原因はフロッピの汚れ。カビひどい。調査の結果、保管フロッピのほとんどが汚染されていることが判明。ヒヤヒヤしながら、ほぼすべてのフロッピをバックアップする。神経と手間がかかった。
現在遊べるゲームは中古で買った古色そうぜんたるジンギスカンと、パソ通でダウンロードした2、3の小ゲームのみ。DOS-VやWINDOWSが流行しはじめ、32ビット全盛となり、買いかえを熱望。ただし予算なし。


1993年(2月 閑職)

いまだ予算がない。もっぱらワープロを打ったり、ときおりゲーム(栄光)を繰りかえすのみ。新機種がほしい...。


8月(5月に閑職ながらも異動)

富士通がPC/AT互換を出すという噂あり。ウンズもハイレゾモードが出るか?

購入希望システム試算
TOWNS2 HR20=328000
FMTDP 5351=89800
(TOWNS2 UR20=288000
FMTKB KB207=30000
拡張RAM 4M=19800
外付けHDD 200M=定価79800
ヘッドセットFMT-HS101=6500


 Old PC Memo 2→


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/734

コメントする

アーカイブ