2011年3月アーカイブ

まだまだ当分は入荷しないだろうな・・・と期待していなかったのに、買えてしまった。

icf29.jpgソニーのクラシックスタイルのラジオです。AMとFMが聞けるだけという機能を絞った無骨なラジオで、サイズは横幅22センチ弱。ま、大型ではないが、小型とかハンディともいえない中間サイズですね。それでも350mW、スピーカーが7.7センチですか。けっこう立派なほうでしょう。

メリットは単3電池4本が使えて、しかもふだんはAC電源でOKという点です。したがって日中はリビングに置いて聞き流しにピッタリだし、停電とかになったら電池駆動に切り換えられます。

ラジオなんてものを買ったのは40年ぶりですか、もう忘れてしまうほど昔のことです。独身時代でもあり、けっこう高いお金を出したんでしょうね、きっと。それにくらべると今回は3481円。Made in Chinaらしいですが、それでも安い。(ソニー直販では4180円です)

日中、パソコン仕事をしながらの楽しみができました。

あららら・・・念のためにもう一度Amazonを眺めたら、もう売り切れてます。いったい何分間の勝負だったのやら。激しい争奪戦だなあ。

gentos777.jpg夜の計画停電(無計画停電とでもいうべきだろうな)、古いローソクを引っ張り出して使ってみたが、やはり暗い。しかも残量があまりない。灯しているうちに芯が倒れたようで消えそうになったので、細くちぎった紙を補助芯としてさしこんだら復活してくれました。

念のためもう一本あったローソクを試してみると、こっちは最初から火がつかない。蝋に水でもしみこんでいるんだろうか(そんなことある?)。何回か試して、これも補助芯をつけてやったら、とりあえずは燃えるようになったが、あんまり信頼できないなあ。

ローソク、こんなに暗いものだったんだろうか。暖房も切れて寒いので、残り乏しいボンベを使って鍋にしたが、ほとんど闇鍋状態です。中に何が入っているのか見当もつかない。気分のせいか、あんまり美味しくないですね。

子供の頃は雪国だったので、よく停電がありました。みんながコタツに集まって真ん中にローソクを立てる。そのうちオヤジがランプを引っ張りだして鴨居にぶらさげる。ランプはけっこう明るかったです。兄貴たちは「さんざんランプのホヤ磨きをさせられた」とか言うておりました。子供は手が小さいですからね。だから煤けたガラスを新聞紙で中から磨くのは子供の役目。私の頃は電力事情がよくなって出番が減ったのか、ランプを磨いた経験はないです。ホヤって「火屋」と書くのが正しいのかな。

帰宅していた娘にそんな話をしていたら「仕事場にはランタンがある」とか言います。ランタン? ランタンというとケロシンとかガソリンを使った登山用照明+暖房というイメージしかないので、あらためてネットをウロウロして調べてみました。

このへんも進化しているんですね。今じゃLEDが当たり前らしい。しかもかなり明るいらしい。たしかに数カ月前に買ったLEDの懐中電灯、安物の頼りない軽さの代物ですが、つけると真っ白な光で非常に明るいです。

ということでいろいろ調べて、GENTOSというブランドの「エクスプローラー プロ EX-777XP」か「エクスプローラー EX-757MS」というランタンがよさそうと結論。最初に頭に浮かんだのはコールマンでしたが、LEDの場合はまた事情が少し違うようです。

ただしこんなものはどこも売り切れです。Amazonにも在庫はゼロ。とりあえず「入荷したらメールちょうだい」というのをクリックしておきましたが、某巨大掲示板情報によると、正直にメール通知をアテにしているとスッポかされる可能性もあるらしい。

それで掲示板をときどきチェックして雰囲気を見ていたところ、昨日あたりAmazonに少量が入荷してあっというまに売り切れたらしい。売り切れたとはいえ入荷があったわけで、すこし好転しているのかな・・・と今朝も出かける前にAmazonにアクセスしてみたら、ズバリ、ありました。単三の使えるEX-757MSではなく単一の777Xです。2970円。もちろん文句はないので、即効で注文。たぶん、数日中には届きそうです。

帰宅してからまたAmazonを見たら、もちろん正規在庫はもうゼロすが、そのかわりマーケットプレイス出品価格「1万5480円」が乗っていました。「送料無料の2970円」が「配送料別で1万5480円」ですか。状況次第で益を出すのが常道とはいえ、足元を見た商売をするもんです。

そうそう、これとは別にACと乾電池の両方が使えるラジオ(Sony)も「お知らせメール」を頼んであります。いま使っているシャワーラジオ(もらいもの)、試しに使ってみたらちょっとボリュームを上げると音が割れて、さすがに聴くに耐えないレベルなので。

テレビもなし、本も読めない夜はラジオでも聴くしかありません。

★★★★ 新潮文庫

vacances.jpgずいぶん昔に買った本です。あらためて眺めると、汚いなあ。かびだらけ

米国の鉱山会社の重役夫人たちが5人。アラフラ海の小さなリゾートに行って、そこでテロ騒ぎに遭遇してサバイバル・・・というストーリーです。アラフラ海って、たしかニューギニア(いまは違う地名かも)とオーストラリアの間あたりですよね。真珠かなんかが採れるんじゃなかったっけ。日本のダイバーたちが出稼ぎしたりの島々だったような。

で、女性作家ですから、女たちの夫はテロであっさり惨殺されます。あっけない。男なんて、そんなものよ。

それに比べると普段はナヨナヨしてたりファッションにしか関心がなかったり、フニャフニャしている女たちは実はたくましい。状況の変化に柔軟に対応して、ジャングルでサバイバル。ここに出てくる白人の船長というのもなかなかいい味を出していて、女どもに生き残りのテクニックをたたきこみます。内心はうんざり絶望気味なんですけどね、でも教え込むしかない。

ボロイカダを作るんですが、キャーとかアレーとか女どもが騒いでいるうちに事故がおきて、船長は死亡。男はすぐ死ぬんです。で、女たちはケンカをしたり意地悪したりしながらなんとか脱出をはかる。

大昔からの典型的な「悪夢のジャングル」で、うっかり果物食えば酷い下痢、ゴロリと寝れば虫に刺される。もちろん人食い人種はいるし、脱出船にはしつこいサメがつきまといます。さてさて運命はいかに。 惚れた女の救出に懸命なヒーロー(いるんです)は見事に成功するか・・・。

そうそう。テロ騒ぎの元凶、クーデターを起こしたラーキという大統領もいい味です。ずるくて凶悪で、女と金に目がない。部下は頭が悪くて無慈悲で、町のホテルの中国系女社長(大肥満)はたくましくてしぶとい。すべてが典型的なんで、安心して読めます

こんなややこしい時期に、訳ワカメの英文コメントが多数。タイの何かを宣伝してるみたいです。ふんとに。

さっそく削除。もう来るなよ。まだ続くようなら制限かけないといけないですね。
ちょいとキッカケがあって、飛騨の下呂へ行ってきました。

岐阜には大昔、二度ほど行ったことがありますが、高山線を長い時間ガタゴト走るのは初めて。いちおう特急列車ですが、あまり速くはないです。岐阜駅でスイッチバックして前後が入れ代わるのも初体験だし、山間鉄道のせいか、よく揺れます

下呂温泉、意外に若い観光客の姿が目立ちました。カップルや幼い子供連れを多かったです。中京圏の奥座敷みたいな立ち位置なんでしょうか。

お湯は塩ッ気があって、透明だけどヌメヌメします。大きな旅館に泊まって、大きな風呂に二回入って、ほとんどなーんにも見ないで帰りました。天気晴朗なれど早春の風は冷たかったです。

名古屋で少し遊ぶ予定でしたが、ン十年ぶりの駅付近はガラリと面変わりしていて、戸惑いました。高島屋ができあがっている。なんか50階以上もある巨大駅ビルタワーが立ってるんですね。

さんざん探した末に山本屋総本家というところで味噌煮込みウドンを食べてきました。硬くて、熱くて、値段はけっこうなものです。ちなみに名古屋コーチン入りは500円ほど高くて、でもそれほどの価値はない印象でした。食べるのなら安い普通の味噌煮込みか、100円高い「タマゴ入り」が正解だったようです。

隣の席にいた女の子たちは、しっかり味噌スープを飲み干していました。スープの味は濃厚で、ご飯がほしくなります。

キーボードを交換しました。

実はキーボードの掃除を思いついて、キートップを抜いて溜まったホコリをとっているうちに、ちょっと大きめキートップ(Shiftキー)の中の金具(パンタグラフみたいな針金=スタビライザ?)の動きが少し悪くなってしまった。

fmkb211.jpg針金の形状は細いU字型。その下の平らな部分がプラスチックの溝にひっかかって動きの軸になっているのに、その小さなはめ込み部分が欠けてしまったらしい。その結果として、シフトキーを押したとき針金が滑らかに動かず、キーの押し込みがガタガタする。ま、それだけのことで、大きな問題ではありません。

どうしようかな・・・ガタガタしないように接着剤でも使って細工してみるかな・・などど考えているうちに、いっそ虎の子の予備キーボードを使いだしてもいい頃合いなのでは、と思い立った。

保証書もついてます。
中味を見る気にもならないけど。

これからの老い先、予備のキーボードを新品のまま後生大事にしておく必要もないだろうし、もったいながらずに新品を使うのが正しいんじゃないだろうか。それがダメになったら古いのをまた引っ張り出してもいいし、あるいは新規に買ったってかまわない。

ということで、箱から出してみました。すると、なななんと1998年の製品です。買ったのは秋葉の富士通プラザ。確か3万だったかな。富士通プラザは値引きをしてくれなかった気がします。

うーむ、購入してから13年も放置してあったのか。こりゃ惜しがらずに使うほうが賢いです。しっかりした作りではありますが、こんな旧製品、Windows7ではサポートしないと富士通も言明しているPS/2ポートの古い古いニコラキーボードです。

接続してみました。もちろんん快適に使えています。手元がなんか明るくなったような気がします。古いのはまた「緊急用」に仕舞い込みました。

追記
正価販売で消費税付き。3万1500円でした。

アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて