水曜長袖、木曜は半袖

| コメント(0) | トラックバック(0)

天気予報のお姉さんが「水曜長袖、木曜は半袖」とか言っていたのはたぶん2日前の火曜日だったろうと思う。

たしかに水曜は長袖で十分でした。朝、少し迷ってから下にシャツを着る。それに薄手の長袖。シャツ一枚分が若いころとの差ですね。で、義弟の家にお呼ばれで出かけてご馳走とビールと日本酒。酒は新潟の原酒でした。甘いけど、けっこう効く。えーと、新潟市西区の蔵元。西区というと、昔の寺尾とか巻あたりまでかな。あのへんに蔵元なんてあったかな。よく知らない。

junnmai.jpgさんざん食べて飲んで、帰りにまた1本、持たされた。雪の露とかいう、これも原酒。長岡の蔵元らしい。長岡には大昔、吉乃川というのがありました。今ではかなりメジャーになっているらしい。昔は気にもとめなかった平凡な酒(と思っていた)が今では「越後の銘酒」とか、評判になったりしてるんですね。

そのうち「麒麟山」を手に入れようと思っていますが、これはなかなか機会がない。麒麟山は磐越西線・津川の酒です。麹が感じられ、かなりクラシックな酒。

あ、偉そうに書いてますが、普段飲みは2リットル1000円くらいの紙パック黒松白鹿純米」です。大昔の3リットル1300円「菊正宗ピン淡麗仕立」から少し出世した。

そして今日木曜。朝起きて何も考えず半袖にして、ん? 予想外に涼しい。あわてて長袖に着替えました。冬の頃の服装とたいして変わりばえがしない。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2273

コメントする

アーカイブ

この記事について

このページは、kazが2022年5月12日 16:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「鉢の植え替え」です。

次の記事は「来し方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。