大河ドラマの最近のブログ記事

ついに終わってしまった。

最終回、特に事件が起きたわけではありません。意地張っていた母親の保春院が、困窮してとうとう最上から仙台へ帰還。前回にも増して岩下志摩(保春院)も鷲尾真知子(おちゃこ)も年取っていました。昔の女優さん(というより演出だろうな)は上手に老けます。

政宗も自然に老けてました。当時の渡辺謙、まだ20代と思うのですが素で60代くらいには見える。演技の力でしょう。

比べると、正直いって子役のレベルは今の方がはるかに上。幼年少年時代の梵天丸も藤次郎も、けっこう下手です。というより、最近の子役が達者すぎるのかな。ただ子役が棒だったといっても、許せる範囲。下手だけど懸命にやってるなあと、我慢できる範囲でした。そもそもこの大河ぜんたいに対して甘い目線になっているのかもしれません。


dokuganryu2014.jpgともあれ、1年にわたって楽しんできた再放送。ありがとうございました。良質の脚本と演出、俳優が揃うとこんな大河ができる。それなのに最近の大河は・・と愚痴を言いたくなるけど、うん、言うてせんないことです。グッと我慢。

政宗がすっかり爺さんになってました。顔から気力が失せている。ちょっとボケ顔。

久しぶりに登場した保春院(お東さま)も、背筋は伸びて端正ではあるけどやはり年寄り顔。顔だけメイクで老けているような役者とはレベルが違います。体ぜんたいが老化するんですね。そうそう、侍女のおちゃこも久しぶりでした。自分のほうが腰が曲がっているのに、それでも形だけは保春院さまの手をとって歩いている(つもり)。可愛いです。

冒頭、仙台城(かな)での政宗の一日が紹介されていました。朝定時に起きてから洗面、朝食は家臣と共にする。献立も指定。書斎が二畳の小さな部屋というのも面白いですね。だだっ広いのが不便はわかるんですが、そんなら四畳半とか六畳でいいじゃないか。なんで二畳なのか。

かなり神経質というか、細かい性格だったらしい。こういう細かい男が、いろいろ頑張って豪気なところを見せたり、頑張ったりする。

幕府に対しても、あいかわらず折りにふれて依怙地なところを見せています。軽んじるではないぞ!と時々は尖っておく必要がある。その代わり腰を低くすべきところは卑屈なくらいに低くする。達者な処世術です。

dokuganryu2014.jpg残りはあと1回ですか。残念。終わるのが惜しい。次は朝ドラ「あまちゃん」らしいですが、たぶん見ません。放映当時は非常に面白かったんですが、時間がたつとどうも・・・。

悪巧みがばれ、せっせと防戦の支度をする伊達に対して、秀忠は怒り狂いますが、でもだからといってすぐ成敗におよんでもいいのかどうか。それが得策なのかどうか。

このドラマでは大活躍の柳生但馬が秀忠に進言して、ムチで叩くよりアメ懐柔したほうが賢明でしょう。どうせ血筋の子供はたくさんいるんだから、姪っ子でも嫁にやればいいじゃん。家康が娘を池田輝政に再婚させて、そこで産まれた姫です。

たぶん政宗、内心はホッとしたと思いますが、だからといって二つ返事で承知は沽券にかかわる。もう一押し、ゴネます。血筋とはいえ姪じゃ嫌だ。将軍の娘というんなら考えてもいいんだけど。ほんと、つけあがります。このへんの押しの加減、駆け引き計算が政宗の真骨頂なんでしょうね。

で、無理を通した後は、借りてきた猫のように大人しくなった。身内には「以後は阿呆になるぞ」と宣言。たしかにあんまり牙をむいていると本気で嫌われます。増長は禁物。引き時が肝心。

福島正則との城中での相撲。実際には酒井忠勝という譜代の小大名が相手だったらしい。えーと、後には老中・大老もつとめてる人です。いきなり相撲をいどまれた忠勝さんは迷惑だったでしょうが、逃げるわけにもいかない。堂々と戦って腰車かなんかで政宗をすっ転ばした。どっちも戦国大名です、組み打ちも芸のうち

なぜ急に城中で相撲をいどんだのか。阿呆をよそおった芝居という見方もありますが、あんがい、本気でイタズラしたくなったのかもしれません。酒井忠勝という人、(たぶん)謹厳な人みたいなので、その真面目面をついからかいたくなった。最初のうちは適当にあしらおうと思っていた酒井忠勝も、周囲の野次馬たちがお祭り騒ぎでけしかけるし、「負けたら譜代の名折れじゃ」」とか言いつのるので、最後は本気になった。本気になれば政宗なんて、もう年寄りです。負けるはずがない。

まだ戦国ですね。なんかの本で、この時代の大名とか旗本連中の気分を記録したものを読んだことがありますが、なんというか、みんな乱暴きわまる。ちょっと前まで馬上槍をふるっていた連中です。戦場の匂いが残っていて、完全体育会。大人しく礼儀作法を守るような雰囲気じゃなかったようです。

そうそう。イスパニアに派遣した支倉常長が帰還しました。途中、マニラあたりで国内事情の急変はいろいろ聞いていたと思うので、あえて派手な洋装で帰還というのも不思議です。この後におよんでまだ「イスパニア艦隊派遣の密約は・・・」と言いつのったら、空気をまったく読めない男ということになりますが、ま、ご愛嬌ですか。

ほんと、酷い目にあったもんです。対面しても、可哀相という顔も見せずスッとぼける政宗、さすがタヌキです。常長は蟄居させられて数年後に死んだそうですが、こっそり毒を盛られた可能性も高いですね。

dokuganryu2014.jpgそれにしても、これだけ「ワル」を主人公にしたドラマ、ないですね。反省なき悪謀ドラマなのに人気があって、絶賛された。最近のドラマも、もっともっと悪辣で魅力的な主人公設定があってもいいと思います。何年か前の新選組!とか天地人とかが好例で、近藤勇、直江兼続、もう少し清濁併せ呑む現実的なキャラ設定にしてくれたら、かなり違ったドラマになったと思うのですが。

タイトルが秀逸。てっきり「副将軍として秀忠を補佐してくれ」という話かと思ったら、もちろんそんな甘い脚本じゃないです。死を間近にむかえた家康が、最後の怪獣じゃなくて懐柔作戦。頼んだよと言っても、人払いしてあるんで、誰も聞いてはいない。まったく公的な要素がないわけです。

政宗が気分よくしてくれればもっけの幸い。仮に後で政宗が「ワシは副将軍だ」と触れ回っても、法的根拠がないので、二代将軍はそれには縛られない。相手にする必要もない。口先だけなら元手ゼロ

それどころか家康が死ぬと、すぐ伊達謀叛の噂が駆けめぐります。この時点で伊達を潰せるものなら潰したかったでしょうね。ただ伊達が本気で戦いの用意を整える姿勢を見せたので、結局は沙汰止み。伊達成敗なんて始めたら、確かに天下は大騒ぎになる。将軍秀忠の威信が磐石だったかというと、それも怪しい。福島正則はまだ元気だったはずだし、加藤清正もまだ生きていたかな。あっ、清正はもう没してましたか。でもまだあちこちに戦国の危うい空気は残っていたと思います。

ジワジワと一つずつ手をつけて潰すならともかく、派手な戦はちょっと困る。ま、そんな雰囲気を上手に利用して、またしても政宗は生き残るわけです。しっかりもんです。

そうそう。パライゾではまた夫婦・・・と誓い合った夫婦ですが、Wikiによると五郎八は仙台で西館殿と呼ばれて67歳で逝去。忠輝はあちこち移転させられながら結局92歳まで生きたそうです。蟄居してから侍妾がいたかどうかなど詳しいことは不明。ま、常識的に考えて身の回りの世話をする人はいたでしょうね、きっと。

dokuganryu2014.jpgちなみにデウスの教えに合っているかどうか知りませんが、五郎八といっしょの頃から側室がいて子も生していた。その子は不遇だったらしく、理由不明ながら若くして自死。

貴人がやんちゃをすると、周囲が迷惑します。


大きな事件は何もなし。片倉小十郎(シニア)が亡くなり、松平忠輝と五郎八が離縁しただけです。

西郷輝彦の片倉景綱 、いい老け芝居でした。時間もかなり長く使いましたね。冥土の土産に笛を吹き、政宗に三つの遺言献策を残し、という内容なんですが、いかにも体力を使い果たした病人らしい迫真の演技です。本職でもないのに、こんなに達者な人だったんだ。

というより、どうして最近の大河の「瀕死のお芝居」は心に訴えるものがないんだろう。そっちのほうが不思議です。病人は決められたセリフをけっこう明瞭にしゃべって、いきなりパタっと息をひきとる。周囲はわざとらしく騒ぎたてる。それどころか、なんかの大河では主君が足音荒くドカドカ枕元へ闖入なんてのもありました。スペースがないもんで、病人の布団を踏んづけたりして

真田広之の松平忠輝も、なかなかでした。悍馬ではあるけど馬鹿ではない。すべて承知している。でも我慢できない・・・という設定。今回でついにすべてを諦めて、五郎八へ離縁状をしたためる。長命だったらしいですね。

五郎八のかぐや姫、えーと、名前はなんだっけ。そうそう、沢口靖子。しかし下手だったんだなあ。最近見かけるドラマではそれなりですが、若い頃はほんとうに棒だった。ま、可愛いけど。

本筋に関係ないですが、佐竹に逐電していた叔父のイッセー尾形、えーと、国分盛重ですか。久しぶりに登場しました。ヨボヨボに年取って、歯も抜けて、でも身のこなしはさすがに軽いし相変わらず喰えない。

dokuganryu2014.jpg石牢は寒いから嫌じゃ、水牢はもっと嫌・・と這いつくばりながらバッタのように逃げ回る。笑ってしまいました。達者だなあ。

このドラマも残りわずか。惜しいです。


秀頼を自害に追い込んだこのは、決して家康の本意ではなかったというストーリー設定のようです。たしかにそういう解釈はできるでしょう。すでに求心力のなくなった豊臣です、ちょっとした所領を与えて大人しくさせたほうが、世間の評判もいい。わざわざ豊臣殺しの汚名を着ることはない。始末したいのなら、ほとぼりが冷めてからゆっくりジワジワのほうが賢いです。難癖ならいくらでもつけられる。

今回の中心は婿の忠輝でした。鬱屈してヤケになっている。蟄居させられてからも見張り役人の視線を感じながら庭で刀を振るってうさばらし。真田広之、鍛えたいい体でした。素振りの動きも力がこもっていて迫力満点。こんないい役者だったんだ。

例によってまた政宗の屋敷に五郎八姫が駆け込んできました。亭主の忠輝も五郎八も、常にいきなり座敷に闖入してきます。ま、余計な舞台セットが不要なので、経済的なシナリオではあります。五郎八姫が涙ながらに亭主の助命を嘆願し、でも離縁は嫌よ。こうなると理屈じゃないですね。なぜか母の愛姫までが娘の味方をします。そうやって感情と理性、両方の主張がぶつかり合うと、適当な音楽が流れて、そのままフェードアウト。視聴者は「きっと泣きながら帰ったんだろうな」などと、勝手に解釈してくれます。

そうそう。柳生但馬が真剣白刃取り。ひぇー。このドラマ、非常に完成度の高い脚本と思いますが、でもときどきこんな遊びイベントを盛り込む。最初から柳生の代わりに本多佐渡あたりが側近役ならもっと良かったんですが、ま、仕方ないか。登場人物が増えると主題が散漫にはなります。

dokuganryu2014.jpgちなみに「ふたりの父」とは、忠輝の実父家康と義父政宗のことのようですね。政宗、ついに野心を捨て、諦めの境地に至ったようです。

予算をずいぶん節約していたことがわかります。燃える大坂城はナシ。戦闘シーンも局所的に集約して、片倉小十郎と大阪方の武将の取っ組み合いで持たせる。大軍勢の突進もなくて、陣幕囲いの中で少人数のお芝居。家康は即席とはいえ板敷きを組み上げて陣取っていましたね。

さて、娘婿の松平忠輝はあいかわらず出番がなくてヤキモキ怒り狂っている。真田広之、好演。それを押さえつける政宗。昔は忠輝そっくりだったんですけどね。政宗もダテに長生きしたわけではない。年の功です。ふと気がゆるんだのか計算づくか、なんかの具合で忠輝三代将軍も可能というブラックな政治展望も示してくれました。そんな可能性、少しはあったんでしょうか。

夏の陣が終わっても、麾下の大名たちに配る恩賞のアテがないのは確かです。この頃の秀頼の所領なんて、関ヶ原敗戦で蔵入地を減らされ、60万石とかその程度だったはず。その半分を徳川が取って残りを配るとしても、まったく雀の涙。不満が渦巻くでしょうね。当然ことながら、つぎに発生するのは目をつけた外様の取りつぶしに決まってます。なんだかんだ、混乱が予想され、うまく生き延びていれば忠輝の世が来るかも・・・・・しれない。

千姫がちょっと学芸会なのは、ま、ご愛嬌です。なにかと柳生がしゃしゃり出るのも奇妙ですが、ま、当時の流行りでしょう。その代わり淀の方が絶妙のお芝居をみせてくれています。この大河の淀、いいですね。へんに役を作らないで、ごく普通の女性、愚かな母親にしている。感情ゆたかに迫ったり脅したり怯えたり。秀頼との最後なんて、まるで浄瑠璃の道行きシーンです。樋口可南子って色っぽい女優さんだなあ。

dokuganryu2014.jpgいろいろ読むと、この夏の陣で、大阪方の死兵突撃に伊達軍はかなりひどい目にあったようですが、ま、そのへんは曖昧に。伊達軍、ひたすら奮戦したという形になっています。そうしないと格好がつかない。

和睦後の大坂城堀埋め作業は政宗担当ということだったんでしょうか。実作業はともかく、埋立責任者は本多とか大久保とかの旗本だろうと思っていました。このドラマでは政宗が矢面に立っていました。

それはともかく。契約違反にクレームの大坂方に対して、恥じることなく堂々とシラをきる政宗。埋めたてに文句があるって、ひょっとしてご謀叛の意図ですか?とか。ああいえばこう言う。イライラしている淀殿がいい芝居をしています。座敷をうろつきながら扇で御簾の房飾りをポンポン叩いたりして。とくに悪女でもなく、ふつうの女性。

長男に宇和島十万石が決まりました。関東東北の領地ならともかく南海道。遠すぎます。嬉しいというべきか悲しいというべきか、かなり微妙です。生母のネコ御前が(たぶん)最後の名演技。この秋吉久美子の側室、出始めからかなり自己主張の強い役柄設定でしたが、でもきちんと身分をわきまえている。正室に対しても無礼にならない程度、ギリギリに抵抗してきました。泣くにしても、座敷の外に出て人に見えないように泣く。節度というものです。

家康がかなり老け化粧でしたね。ワシが嘘を言ったことがあるか?とか、平気でのたまう。さすがの政宗も唖然とする。これが芝居なのかボケているのか、それはわからない。この時点で家康が秀頼を殺す意図があったかどうか、これも歴史の謎です。あんがい、殺したくなかったのかもしれない。あんまり露骨にやると、後世の評判が悪くなるし。

あるいは、秀忠に代わって自分が泥をかぶったという可能性もありますね。悪評は自分が負う。そのために大阪始末を急いだとか。

dokuganryu2014.jpgそうそう。酒のみながら「秀頼って大野治長の子だろ」と言う娘婿に対して、顔を赤くして政宗は怒ります。ちょっと前には自分が同じことを高台院に聞いてたのにね。大人ってのはそういうもんです。ダブルスタンダード。オレが言うのはいいけどお前が言っちゃいけない。政宗、しっかり大人の政治家になりました。

既に43回。あと6~7回ですか。残り少なくなってきました。

夏の陣が始まります。この時点でまだ政宗は迷っていたんでしょうか。大阪に付くか、江戸に付くか。でも最終的に政宗はじめ秀吉恩顧の大名はみーんな将軍家に従う。ま、その程度の政治感覚がないと関ヶ原を生き延びてここまで身上を保つことはできなかったでしょう。

大坂城小座敷でのトップ会議。江戸から帰った片桐且元は和睦を主張します。「人命第一・テロには屈しない」と同様、たんなる美辞であって、実際には降伏です。でもここまで且元をまっとうに描いてくれたドラマは珍しいですね。たいてい卑屈で臆病という演出になってしまう。退席を命じられた且元、もうやってられんわという顔で消えます。

で、冬の陣。いざ戦争が始まると主戦派だった大野治長までが「和睦」を言い出す。和睦は降伏と違うって、前に片桐且元が言ってたのと同じ論理で、ちょっとおかしい。

で、大坂城の天守に国崩しの大筒を打ち込まれる、強気だった淀殿も動揺。こうして滅亡の道をたどる。

dokuganryu2014.jpgそうそう。ついに片倉小十郎が隠居しました。前々回くらいから元気なくなっていたんですが、ついに中風を病んだ小十郎、顔色がどす黒くなって両手がコチコチに緊張して、いかにもの演技。表情はけっこうしっかりしているけど、見るからに病人と分かります。それにしてもどうして最近のドラマの病人はあんまり病人に見えないんだろう。そっちが不思議です。

次回にはもう消えるんでしょうね。寂しい。

大船つくってエスパニアに派遣して、あわよくば艦隊をよびこもうと画策する政宗。うまくいけば最後の大博打がうてる。ま、家康のほうが一枚上手でしたが。

印象に残ったこと。

冒頭のシーン。引いたカメラ。左手の座敷に正室(病後)が座っていて、右手から側室がご機嫌うかがいにくる。いまどきドラマみたいに無遠慮にスタスタ歩いて来たりはしません。ちゃんと女中やら何やらが取り次いで、けっこう時間がかかる。座敷をいくつも通過してくる光景がきれいです。

越後の松平忠輝、真田くん、木刀もっての殺陣がすごい。迫力ありました。相手をさせられる家臣はたいへんだ。江戸から駕籠でやってきて、着くなり廊下をせわしく小走りの五郎八姫ですが、着替えもしないで走ってきたんでしょうか。理屈にはあわないですが、これもきれいなシーンでした。

ついに原田芳雄の最上義光が退場。立派な老け役でした。時間もつかって老残を演技。そばで世話する妹の志摩さんもこの時点で60代の媼嫗です。まだきれいだけれども不自然な若さではない。これも見応えありました。

dokuganryu2014.jpgあんまり知らなかったんですが、松平忠輝はいきなり処分されたわけではなかったんですね。いろいろあってけっこう長命している。同じような印象の松平忠直とかなりゴッチャになってしまった。忠輝は家康の6男、越後少将。忠直は家康の孫(結城秀康の長男)で越前宰相。

そうそう。本筋ではありませんが、家康の平椀。たぶん焼き魚の骨に湯をそそいだものですね。美味しそうに飲んでいました。いかにも食べ物を粗末にしない戦国武将。細部の演出がよかったです。

海外雄飛の壮大な夢を描いた政宗ですが、船はともかく肝心の婿である松平忠輝に逆風が吹き始める。幕閣にすれば油断ならない政宗と言動不穏の忠輝のむすびつきは要注意ですわな。忠輝、そもそもの最初から家康にあんまり好かれていなかったようです。、

で、なんですか、幕府の建造した大船が150トンとかいっていました。で、すぐ座礁。この後で政宗がつくった本物の三本マストの大船がだいたい500トン級だそうで、ケタ外れに大きいです。ちなみに幕末のペリー艦隊の旗艦だったフリゲート艦は2000~3000トンクラス。気になって調べてみましたが、太平洋横断の咸臨丸は600トン程度だったとか。

この回では大久保長安が最初から最後まで大騒ぎしていました。金に取りつかれた男、ついに運が尽きたということらしい。ドラマでは座敷牢で死亡という説をとっていますが、大往生という説もあるようで、どっちが正しいんだろ。どちにしてもこの頃の岡本大八事件とか大久保長安事件とか、謎が多いです。佐渡金山の産出量が減ったため、大久保長安の利用価値がなくなったという話もあります。

おそらく本質は、重臣だった大久保忠隣一派本多正信正純親子の政争だった可能性が大。長安事件で大久保派は斜陽となり(その余波が大久保彦左衛門の鬱屈になる)、勝ったようにみえた本多派も増長を憎まれたのか最終的には没落します(宇都宮吊り天井)。

dokuganryu2014.jpgま、それはともかく。悪賢い政宗も野望は野望として、愛娘と婿の行く末を案じて庭の築地をながめる。詠嘆する政宗に正妻が頭を寄せかけます。このドラマ、愛情表現として顔を埋める・・というパターンがとても多いですね。ま、今ふうに抱き合うわけにもいかないし。

そうそう。血気にはやる猪武者みたいだった伊達成実が、ずいぶん深謀遠慮になっていました。西郷輝彦と見間違えた。トシの功ですかね。

政宗の長女五郎八姫も大きくなりました。うまいぐあいに家康の六男坊(忠輝)との縁談も決まり、伊達は我が世の春です。うまい酒をのんでぐでんぐでんに酔ってる。

しかし要するに天下人の夢を諦めたっていうことなんですよね。徳川政権の飼い犬になるしかない。でも唯々諾々と従うのは悔しいので、秀忠からのお土産要求は断固拒否。意地を張ってます。

この引き出物の話をもちこんだのは徳川の重臣土井利勝ともう一人は誰だったか。たかが刀をよこせやらないの話に、けっこうな時間をかけています。最初はやんわり持ちかけて、だんだん具体的にして、最後は居丈高に要求する。

これを、いきなり「献上つかまつりたし」と言ってしまったら味がない。「ください」「嫌だ」「どうしても献上していほしい」「どうしても嫌だ」で終わってしまいます。このドラマのこうした順を追った手順がなんともいえない。自然な流れ。政宗のほうも最初は上機嫌で、だんだん険悪になってくる。

娘婿の忠輝は真田広之です。若いなあ。野心まんまん、意欲に燃える青年です。でも基本的にお坊ちゃんなんで、かなり危なっかしい。大久保長安と忠輝の大風呂敷に、さすがの政宗もたじろいでいる。要するに紅毛人(エゲレス、オランダ)と南蛮人(ポルトガル、スペイン)の間のバランス外交。隙があったら征服してしまおうという壮大な夢。政宗もそこまでの構想はなかった。

dokuganryu2014.jpg政宗の周囲では次々と功臣が亡くなっている。長塚京三も死んだし寺田農もいなくなった。少しずつ時代が移っていってるんですね。政宗も40歳を過ぎた。

そんな折りに若い連中から新感覚の構想を聞かされて、ドキッ。せっかく大人しくなっていた野心に火がついてしまった。そうか、大船をつくって海に乗り出せばいいんだ・・・。

関ヶ原も終わって徳川の威信はますます増大。というより天下はほとんど徳川ですね。ただ大名連中がどう見ていたのかは面白いところです。

いわばカリスマ先代会長が死んで、息子はまだ子供。先代の奥さんが(役付きではないけど)影響力を持ち続けている。で、実力副社長は取締役会で、叛旗をひるがえした常務一派を馘首。みーんなイエヤスさんが実質社長であることは承知だけど、でも先代の一族をないがしろにするのも気がひけるし・・・。

けっこう微妙なんだと思います。家康としても、あんまり評判悪いことはしたくない。自分に頭を下げてくれれば悪いようにしない気持ちはあるんだけど、肝心の先代の奥さんはプライドばっかり高くて世の中のことがわからない。困ったもんだ。

伊達政宗の立ち位置も微妙です。表立ってケンカはしたくない。でも唯々諾々と従っていたら軽んじられる。ちょいちょい文句をつけて、存在を見せつけておかないといけない。難しい。綱渡り軽業です。綱渡りが根っから好きだったんでしょうね。

そうそう、仙台城は山城だったのか。いわれてみれば、たしかに青葉山の上です。当時、すでに流行は平城で、不便な山城は少なくなっていたと思うんですが、政宗はあえて堅固な城砦にこだわった。本気で関東と戦うことを予想していたのかもしれない。Wikiによると息子の代は不便な山の上を嫌って、平地に二の丸を作ったらしい。したがって江戸時代の仙台城は平山城という分類になるそうです。

この回、政宗は何回も家康に面会しています。家康の傍にいつも柳生宗矩がいるのはちょっと違和感ですが、ま、許容範囲。本来なら本多正信とか正純といった老臣でしょうね。キャストを節約してるのかな。それでもケースバイケースで今井宗薫とか大久保長安とか、使い分けはしている。金田龍之介の大久保長安、タコ坊主みたいで好演。

ということで100万石をフイにした政宗は正室に挨拶して嫡男を抱き上げ、その後は側室の猫御前のご機嫌をとってこっちは江戸へ移す。そのまた後は秘密の愛妾のところへ行って、こっちの子供は国元へこっそり戻す。忙しいですが、タマゴをひとつのカゴに盛らない、自分の血筋を分散するってのは、大切なことです。

dokuganryu2014.jpg新年の挨拶、家康の伏見より先に秀頼の大阪へ行ったというのも、見せつけ要素もあったでしょうが、安全保障の意味があったのかもしれない。二股膏薬。場合によったら自分が盟主になって関東と戦ってもいい。、そんな可能性があったかもしれないです。

今回は「関ヶ原の後、政宗は百万石をもらえませんでした」という内容でした。したたかなはずの政宗なのに、喰えない家康の「百万石のお墨付き」を何故か信用してしまった。いい話ってのは信じたくなるものです。要するに「若いのう」ということなんでしょうね。35歳だったかな。たしかに若い。

考えてみれば政宗、ドサクサまぎれに上杉と和睦したり、南部にちょっかいかけたり、なんやかんやと悪巧みをいっぱいしています。そうそう、史実かどうかは知りませんが、珍しく頭を下げてきた最上の伯父さんをおちょくったり。因果応報、身から出た錆。家康に文句いえる筋合いもないんですが、人間みんな身勝手なもんですから、都合の悪いことはは忘れている。

家康としては、政宗みたいに信用できない奴に奥州百万石も与えたら怖くてしかたない。最初から頭ペコペコの加賀とは話が違います。ま、紙切れ一枚、難癖つけて破棄するのが妥当です。南部侵攻の訴えが起きたのは渡りに船。

そうそう。関ヶ原で東軍勝利の大ニュースも、遠い奥州にはすぐには伝わりません。けっこうな時間差があるわけですね。このタイムラグの感覚がなんともいえないです。神の目で天空から眺めていれば、何をやっとるんじゃということですが、当人たちは欲かいて必死であがいている。去年の八重の桜なんかでもそんな感じがありました。京大阪で大事件が起きていても、その同じ日の会津は平和で笑ったり食事したりしている。なんていったっけ、こづゆを食べたり。

どうも最近の大河は距離も時間も一瞬でワープしてしまう脚本が多いですね。だから現実感が薄れる。実際にはどこへ行くにも何日も何週間もかかるし、伝わってくる情報も半月遅れだっり不正確だったり。そういうあやふやの中で主人公たちは必死で考えたり動いたりしている。ときどきは間違った判断をする。間違った行動もとる。家康への弁解のため、南部侵攻の責任者の首を差し出しますが、実はその犠牲の意味はほぼ皆無だった。でも自害を決めた武将はそれが役にたつと信じて死んだ。

無駄な・・とも思うし、そういう食い違いがドラマなんだよなとも感じます。


そうそう。ちょっと前に「香の前」という側室、家臣の茂庭綱元に払い下げてからも密かに通っていたのかと思いましたが、実際には何人かの子供を生ませてから丸投げにしたという説もある。丸投げされた綱元がどう思ったかは不明。でもこの前後、綱元出奔という事件もあったようなので、そのへんとも絡みがあったのかどうか。はっきりしないようです。

出奔、多いですね。そういう時代でもあったんでしょうが、仕えづらい主君だったのかもしれません。伊達成実が出奔した。茂庭綱元も消えた。一門のイッセー尾形の出奔なんてのも、実は政宗が追い出したんじゃないかと思います。なんせ仙台あたりの城主だったはずなので、邪魔になったとか。


それはともかく。関ヶ原が終わって、伏見にいた正室、側室たちはホッとしていました。百万石もらえるんですってね、とニコニコ話をしていたら、それがダメになったらしい。おまけに 庶出の長男には本家を出てもらって別家を与えるとかなんとか、伏見留守居役の寺田農が急に言いだす。側室ねこ御前が「話が違う」と怒り狂っています。なんで寺田・定綱はそんなことを言ったんでしょ。普通に考えれば主君の内意をうけて、打診絡みで話したと受け止めるのが自然ですが。

dokuganryu2014.jpgこの長男の宇和島伊達と仙台伊達、本藩支藩の関係なのか、独立しているのか、けっこうややこしいみたいです。金の貸し借りの問題であとあとトラブルになって仲が悪かったとWikiにありました。

ネットをうろうろしていたら、大河評らしき記事にぶちあたりました。どうも評論家のような人らしく「八重の桜」はひどかったと述べている。

ま、そういう意見もあるわなと読んでみると、「八重の桜」は前半がいけなかったそうです。史実にこだわりすぎて主人公の出番が少なかったから視聴率が落ちた。もし前半のままの雰囲気で後半もやったら悲惨なことになっただろう。幸い後半は出来がよかったんだから、思い切って前半部分をもっと短くしていたらよかったのに

感想なんですから、人それぞれ、いろんな感じ方はある。でもまっ先に思ったのは、この筆者は本当に大河を視聴し続けていたんだろうかということ。ほとんど見てないんじゃないかな。なぜ視聴率が低かったか書いてやろうと最初に考え、それから適当な理由をこじつけた。あちこちネットを探しまわって、それらしい理由づけをした。

あくまで自分の感想ですが、私は「八重の桜」の幕末会津編は素晴らしい出来だったと思っています。100点満点とまでは言えず、もちろん小さな瑕疵はあるものの、そうですね、歴代大河の中でも屈指。NHKが力を入れたなあと感じました。

ただ、惜しむらく初志貫徹できなかった。なんでNHKが視聴率をそんなに気にするのか不思議ですが、維新後の京都編になると一気にエネルギーがなくなった。方針が大きく変わったような印象。真偽は知りませんが、脚本家が交代させられたという話もありますね。私は京都編、途中まで我慢したものの、数話であきらめました。挫折。

なんだかんだ、文句たれながらも大河ドラマは(たいてい)見ていますが、あんまり不作だと途中で諦めます。諦めてしまった大河、多いなあ

yaenosakura.jpgそうそう。知りませんでしたがこの「八重の桜」は今年の国際エミー賞にノミネートされたんだそうですね。どれだけ権威ある賞なのか知りませんが、ま、日本の優れたドラマと認知されたということでしょう、きっと。一応は納得できます。
伏見は出産ラッシュ。次々にポコポコ産まれます。正室の嫡男誕生とか側室の懐妊はともかく、なんで秀吉払い下げの香の前の子供を認知しないのか、その理由はあいかわらず判然としません。というか、茂庭綱元に与えたはずなのに、政宗はまだ通い続けていたっていうことですね。綱元が釈然としないわけです。

そんなことはともかく、家康はついに上杉成敗に出陣します。で、まずは上杉対策として最上と伊達に帰国を命じる。愛娘を殺されてからの最上義光、なんか冴えがなくなって燻っています。可哀相に。

ということで政宗は上杉領に近い城に兵をすすめ、そこを本拠にして上杉侵攻。もちろん上杉は手ごわいです。たしか甘糟ナントカという武将が拠点の白石城を守っていたはず。しかし(単身突っ込む伊達成実の活躍もあって)白石城は落城、かな。

このへんは難しいところです。政宗としては、本気で上杉と戦う気はない。石田と徳川、どっちが勝つか未知数なわけで、微妙な情勢下では静観したい。で、さっさと上杉と暫定和睦。家康からしたら裏切り行為ですが、こっちにも弱みはあるので、とりあえずは不問。敵にまわらず上杉牽制の役目を果たしてくれるのならそれで上等ということでしょう。

たぶん三成の誤算は上杉が江戸に引き上げる家康を追撃しなかったことでしょうね。おまけに横から突進してくれるはずの佐竹もアヤフヤで、結局は動いてくれなかった。

三成は辛いです。このドラマでも当てにしていた淀の方が朱印状を拒否する。明白に三成加担という形にしたくない。どっちが勝っても自分たちに累はおよばないだろうという計算。

小早川秀秋が裏切るかもしれないという雰囲気は当初からあったようです。まったく信用されていなかった。したがって必ずしも小早川の裏切りが直接原因で西軍が負けたとはいえない。原因はもっと他にあったみたいです。

まず毛利も鍋島も、あまり積極的には戦いません。及び腰。なにより誤算は前哨戦で、天下の堅城(であるはずの)岐阜城の織田秀信(例の三法師です)が、なななんと、たった一日で落城してしまった。岳宏一郎の「群雲、関ヶ原へ」によると、殿様の秀信さんが籠城を嫌った。どうも祖父信長のDNA、美意識に反したらしい。無意味に派手に突出して、あっさり負けてしまった。

もうひとつあるか。本当は大垣城を本拠地にして戦う予定だったのに、家康の策略にまけて、自分から城を出てしまった。策略ってのは「大阪を直接攻めるぞ。途中で(三成居城の)佐和山も攻めるぞ」というものです。戦争下手の三成があわてて城から飛び出した。

そういうわけで、当初の意図とまったく違って、なぜか関ヶ原で対決することになってしまった。こんなつもりじゃなかったのに。やることなすこと、すべてがスムーズに運ばない。

ここでも総大将である毛利輝元が大坂城から出撃してくれれば様相はガラリと変わったんでしょうね。でもなぜか輝元は出てこない。城にいたっきりでなーんにもしなかった。たぶん何も考えていなかった

戦場の関ヶ原でも毛利支藩の吉川広家が南宮山の中腹に居すわり、毛利軍本体を下山させない。下山を急かされると「食事時間なんで」と何時間もかけて弁当を食べ続けたそうで「宰相殿の空弁当」とか揶揄されてます。宰相というのは南宮山毛利軍の若き総大将だった毛利秀元のことです。若い秀元はベテラン広家の言うことを聞くしかなかった。

詳細は覚えていませんが、結局西軍で真面目に戦ったのは石田隊と宇喜多隊と大谷隊くらいような印象です。数は多かったけど、真剣に戦ったのはほんの少数。こうして、西軍は敗北。

要するに三成という人、指導者として人望がなかったんでしょうね。これだけの大軍を集めて戦わせる外交政治能力は凄かったけど、イマイチ信用されていない。西軍で日和見きめこんだ連中も、だからといって家康に許してもらえた訳ではないし、ほんとうは積極的に三成の味方をして勝ったほうが良かったんでしょうが、渦中にあるとそうした判断は難しいです。

dokuganryu2014.jpg東北でずる賢く立ち回ったはずの伊達政宗も、もっと素直に家康に協力したほうが得だったかもしれない。でも、そうやって仮に百万石も貰ったとすると所領が多すぎて、かえって家光の頃に取りつぶしになったかもしれない。「かもしれない」の連続が歴史です。

※「毛利は残った」という近衛龍春の本がありました。なかなか楽しい本です

伊達成実は前回で伊達家中を出奔したはずなのに・・と思ったら、それは暫定失踪。この回でほんとうに消えてしまいます。このへんの実際の経緯はあまり明快ではないようですね。なぜ出奔したのか、妻子は本当に死んだのか、などなど。

それはともかく、太閤お下がりの香の前が妊娠。なぜ政宗がこの女を正式の側室にしなかったのか説明はありませんでしたが、やはり太閤お下がりというのがネックだったんでしょうね。沽券にかかわるからなのか、それとも対徳川ではばかったのか。

Wikiによると政宗との間に子供は3人生まれ、長女は原田家に嫁いだ。そこで産んだのが宗輔。例の伊達騒動の原田甲斐です。そうすると原田甲斐ってのは、非公式ではあるものの政宗の孫ですか。公式には茂庭綱元の孫で、そうすると、長生きした鬼庭いかりや左月斎の曾孫です。

ストーリーの本筋では、まず淀の方がじきじき石田三成の屋敷に出向いて、政宗を味方にしようとします。ちょいと色仕掛けふうに口説いたけど、まったく通用せず。その後ではなぜかお馴染みの浅野長政、石田三成など豪華キャストが揃って家康を問責します。そうそう、北の政所と淀の方の直接対決まである。難詰された淀の方は悔しさでバリバリと扇を破る。

このドラマの淀の方はずいぶん能動的ですね。重要イベントではわかりやすく主要キャラが動く。「史実が・・」なんてことは置いておいて、けっこう面白い設定でした。

石田三成が単なる悪キャラではなく、信念をもって堂々としているのが救いです。もちろん家康も威厳をもって嘘をつく。政宗もしっかり悪巧みしている。相州に逃げた伊達成実もプライドもって百姓していました。みんな堂々としていて、清々しい。

dokuganryu2014.jpg悪巧みしたり、侍女に手をだしたり、やりすぎて功臣の妻子を殺したり。政宗も多少反省はしているものの、面と向かって責められると「オレは悪くない」「オレはやっとらん」と平気で白ばっくれる

悪い虫をおこして嘘をつくことに関しては、政宗、まったく反省していません。ま、当然ですね。男には野心とコケンというものがあるんだそうで、穏やかな暮らしをのぞむ正室メゴさんは暗い顔です。

恐怖の勝新太閤がバタンと死にました。いやはや、こんなに派手な死にざまの太閤を見たのは初めてです。子供みたいにバンザイして倒れた。笑ってしまった。

実際に五大老や北政所や淀の方、秀頼、おまけに三成にまで囲まれて秀吉が死んだかどうかはかなり疑問ですが(というより、間違いなく嘘)、ま、お芝居としては面白かったです。

愁嘆場(というか猿芝居)の間、傍らには祐筆のような渋い役人が冷静に控えている。もうろく秀吉がなんかブツブツ言うたびにメモをサラサラ。そりゃそうだ。こうした面々が何を言ったか何を約束したかは非常に大切なことです。超重要閣議の議事録ですわな。細かい部分を省略しないのがこのドラマのいいところです。祐筆の役者も背筋がのびて存在感がある。

秀吉臨終の場に政宗がいなかったのはさすが。こんな重要な場面に主役がいないなんて、最近の流れの大河からすると不思議です。ま、当たり前ですけど、

三浦友和、いい男ですね。ちょっと油断すると甘くなりそうな俳優さんでしたが、見事に勇猛果敢な武将を演じている。今回の「太閤の死」ではお世辞たらたら世渡りの政宗にうんざりして蓄電してしまいました。あ、逐電です。たんなる怒りだけではなく、自分の活躍できるシンプルな時代が終わってしまったという失望感もあるんでしょうね。時代後れ。脳筋、世をすねる

子供をとりあげられて猫御前が怒ります。しょせんは借り腹だなんてあんまりでございます。こんな台詞、いまでは絶対に無理でしょうね。総スカンをくらう。

dokuganryu2014.jpgそうそう、政宗と浅野長政が絶交きってたとは知りませんでした。たしか浅野は三成と犬猿の仲だっともいいます。が、でも秀吉の縁戚だったはずで、それでもドサクサの中を絶妙に動いて関ケ原では豊臣側(三成側)に立つことはなかった。 たしか広島藩は長政の子供が当主だったような。きっと先が見えて世渡りの上手な人だったんでしょう。

そういう人からしたら政宗のやり方はいかにも荒っぽくて露骨でがさつに見える。気が合うはずがないです。

今回は本人が悪巧みしたわけじゃないのに謀叛の疑いをかけられる。ま、ふだんの行いが行いですから、仕方ない。身から出た錆。

脚本が親切すぎない。痒いところをサッと触る程度にとどめてある。肝心な部分がサラリと出てくる。秀吉の「利休に言うな」というボケ老人台詞とか。伊達家の家来たちの必死の懇願にも謎めいた返事しかしない家康の狸ぶりとか。で、徳川屋敷の門前に立てられた奇妙な高札も、いったい誰が書いたものなのか。家康が書かせたようでもあり、違うようでもあり。

ま、それでいいじゃないですか、ということ。謎は謎。視聴者が考えて補ってください。実はシナリオ書いてるジェームズ三木だって知らなかったりして。

登場の福島正則、ま、恒例の単細胞・脳筋武将としての描かれ方ですが、これまでのいろんな大河の中ではいちばん恐そうでした。迫力あり。どういう人だったか実際はわかりませんが、少なくとも豪勇だったことは確かでしょう。どうも多くの大河では人のいいアホ扱いが多すぎます。そうそう。今回は一連の事件の黒幕らしい石田三成が画面に登場しないのも秀逸。間接的にしか語られていないので、かえって現実感がありました。

淀の方もけっこういいですね。特別に賢明でもなく、特に悪人でもなく、ごく普通の女性。おいぼれ亭主の世話を甲斐甲斐しくやっている。子供(秀頼)もノーマルで、謁見の最中も退屈そうに足を伸ばして遊んだり。

dokuganryu2014.jpg週に一回、この独眼竜を見るのは楽しみです。良質の大河ドラマ。「え?それはないだろ!」と腹を立てずにすむ。武将は武将らしく、妻女は妻女らしく。高級官僚は官僚らしく。この「らしく」って大切ですよね。

政宗の最後の台詞、「三成め、いつか煮え湯を呑ませてくれる・・・」。天下太平のためとか誤魔化してないのがいいです。ひたすら個人的な恨み。

今年の「軍師官兵衛」と同じような進行具合で、こちらも秀次処分の回でした。ただし官兵衛の場合は天下のためとか言って秀次におとなしく出頭をすすめてましたね。ただ官兵衛が誰かを説得するとかならず裏目に出て、殺されてしまう。嘘つき軍師。おまけに本人は反省していない。

それはともかく。よくできた回でした。志摩姐さんは頭巾姿のせいかすっきり綺麗だったし(夜目遠目傘のうち。隠すと女が上がります)、久しぶりの和尚さんも良かった。岩出山から政宗一行がものものしく武装して京へ出ていくのも納得。まだ物騒な時代ですから。

同行の浅野長政にあっさり見捨てられるのも良かったです。それくらいの見切りがないと戦国の武将として落第です。「民百姓のため」とか「天下のため」じゃなく、自分のため、一族のために行動する。当然ですわな。

秀次の最後の将棋の件、これもエピソードは知っていましたが映像で見たのは初めてのような気がします。秀次という人物、よくは知りませんが最後の最後くらいは格好いいところがないと哀しいです。三条河原の一族妻妾処刑もけっこう詳しくて、残酷できれいでした。

また今年の官兵衛を例に出すのもナンでが、こちらではだいぶ前にあった荒木一族の処刑。たしか高山右近が竹矢来の外にへばりついていたんで驚愕しました。右近みたいな有名人が目立ったことしてどうする。おまけに抱かれて子供もいたかな。だし様のリードでみんな賛美歌を歌ったり。悲しさとか残虐とかいうより、ひたすらあほらし。

dokuganryu2014.jpgついでに言えば今週の「秀吉の最後」。竹中直人vs岡田準一の二人がフルテンションの熱演でしたが、残念なことに中身が酷い。子供の行く末を願う天下人の末期の願いに対して「秀頼はまだ資格があるかどうか不明なんで・・・」とか、木を鼻でくくった返事。

どうしたらこんな不自然不思議な脚本を考えつくんだろ。現実の人間と人間がこんな会話を交わすか。

困ったもんです。

秀吉にはお拾い誕生。政宗には正妻めごが娘を産む。懐妊を告げるときのモゴモゴぶりがなんか笑えました。これが五郎八姫かな。女児かあ・・とかなりガッカリしてましたが、もちろん出産後の奥さんに対しては笑顔でねぎらいます。こういう嘘ってのは、人間関係の常識ですよね。このドラマの政宗は常識をわきまえた嘘つき武将です。

例の最上の幼い姫、ついに秀次の側室に上がりました。聚落第へ上がるまえに秀次失脚というタイミングで、実際にはまだ側室になっていなかったというのが通説みたいですが、このドラマでは父親に連れられてきちんとご挨拶してました。もう少しグズグズしてればよかったのに。最上義光、このあたりは完全に読み違いでしょうね。

たしか秀次処分の後、秀次と親しくて金を借りていた大名連中が恐慌に陥ったはずです。後から見ると簡単だけど、渦中の人間にとってはマサカ!という事態。天下の関白が急に切腹だなんて。

吉野の茶会で、三成が政宗に「秀次に接近するな」とさりげなくアドバイスしてました。でも政宗は耳を傾ける気もありません。三成という人、きっと(本人としては不本意でしょうが)敵の多い人だったんでしょうね。なぜ三成が政宗に親切したのかは不明

dokuganryu2014.jpg秀次役の陣内孝則、けっこう好演はしてるけど、まだまだ空回り演技が目につきます。この人、30年近く前の倉本聰の「カレーライス」で初めて知りました。たいして上手じゃないなあと思ってましたが、最終回あたり、香典を盗まれて号泣するあたりで名演技。それで名前を覚えたんだと思います。

冒頭、伊達成実がきつい顔をして主君に文句つけています。あんな新参の奴が待遇いいのは許せないぞ!とかいう人事クレーム。自分だけでなく家中の空気を代表しての抗議です。このドラマ、三浦友和が硬派のいい演技をしてますね。政宗の重臣でもあり幼い頃からの友人でもあり、そして近しい親戚でもあり。遠慮しているようなしていないような、微妙な立場です。

国替えで、おまけに領地は減って、伊達の内情は大変だったでしょう。家来衆の不満はけっこう溜まっていたはず。誇りを傷つけられれば主君に背く可能性だって多少はある。

実際、理由は不明ですがこの伊達成実、そのうち出奔します。そういえば片倉小十郎も若いころに伊達家を離脱しようとしたことがある。家康の近臣本多正信なんかは完全に主君に敵対した。そういう時代というか空気だったんでしょうね。家来は何がなんでも無条件忠義・・というわけではない。

で、太閤となった秀吉はまたぞろ下半身の悪い虫が起きて、美人で聞こえた伊達の御内儀にも手を出そうとする。狐憑きですか。面白い口実を考えたもんです。結局は側室が身代わり。身代わりになってこの側室はラッキーだっだのかアンランキーだったのか。秀吉って、手をつけた女性の面倒をけっこうみていたような気もします。飽きたらどこかの公家の後妻にでも世話したりして。

で、狐憑きの一件で喜多さんはいなくなりました。ドラマの設定はともかく実際の年齢をWikiで調べてみたら、文禄の役当時で政宗は26歳。うーん、若いです。

dokuganryu2014.jpg本物の片倉喜多は55歳くらい。55歳で京から仙台まで歩いて帰るのは大変だっただろうなあ。ただし本当に歩いて戻ったのか駕籠に乗っていったかは不明です。


京からまた北へ遠征。激しい戦闘で国頼(こんな字だったかな)が死んでしまいました。オレが死ぬのは関白のためなのか殿のためなのか!という死に際の問いに対して政宗は答えられません。自分のためだ!と瀕死の家来に大嘘つくのも恥ずかしいし。その程度の良心はある。

あの最上の義光がいじめられてます。まだ11歳の可愛い娘を差し出せと迫る困ったちゃん秀次の陣内孝則。こういう役だと実に適役です。ツボミを手折るのもまた良きものじゃ ウヒヒヒと下品に笑う。

正面きって逆らうわけにはいかないけど、でも二つ返事で差し出すには娘が幼すぎる。原田義光、苦悩。悲哀。そんなときに脇からそれとなく助けてくれてるのが蒲生氏郷。いかにも気の利いた賢い人ですわな。こんな善人をあの政宗はさんざんアホ扱いしてたわけです。(ん、助け船は浅野長政だったか? かなり似ているんで自信なし)

dokuganryu2014.jpgそれにしても、政宗ってのは悪い男だなあ。いかにも戦国の梟雄。直江兼続あたりを主人公にした本を読むと、隣国の政宗がいかに奸智にたけているか、ずるっこく立ち回っているか、よくわかります。

えーと、今回は政宗酔っぱらいの回です。猫御前と二人の側室候補がやってきましたが、もてなすどころか酔漢の大騒ぎ。鬱屈してるとはいえ困ったもんです。新顔の側室候補たち、将来暗いと思ったでしょうね。それにしても女衆、はるばる米沢から京まで籠にゆられて来るのは重労働。いったい何日かかったのやら。

このドラマの石田三成はなかなか存在感があります。憎々しげではあるもの、けっこう有能そうです。そうそう、ちょっと元気のない利休が死をたまわりました。池部良さん、もっとうまい人だった気がするんですが、お歳だったんでしょうか。ちょうど官兵衛のほうでも同じような場面をやってて混同しそうです。

dokuganryu2014.jpg勝手気ままにふるまう茶々、けっこういいですね。反物をひろげたり、騒いだり、話を聞いてくれない秀吉にじれたり。ごく普通の、腰の軽い女性。こういう解釈もアリと思います。

一揆煽動がバレて呼び出され、鬱々とした表情で清洲に向かう馬上の政宗。で、清洲から京への道中では一変して晴れやかです。嘘つき政宗の大芝居が大成功でした。

こういうふうに「野心」「悪巧み」「嘘つき」を主人公にした大河って、他にあるだろうか。えーと、大昔の足利尊氏なんかはけっこう悪そうでしたが、でもそれほどではない描き方でしたね。仕方なく嘘をつき、やむをえず鎌倉に反旗をひるがえし、仕方なく弟を殺す。

戦国の世の武将を誠意のカタマリにするのは、どう考えても無理があるんです。無理やりやるとアホみたいになる。主人公を善人設定にすると、対抗する連中をみんな悪にしないといけないし、このところの大河の失敗はたいていコレですね。

それどころか何もしてないのに「さすが官兵衛じゃ」とかもてはやされる。あの直江兼続のころから目立ち始めたような印象もあります。ん、「山内一豊のおかげじゃ」なんてセリフもよく聞いたような・・・。

dokuganryu2014.jpgで、今回の石田三成、もちろん敵役ですが、なかなか威厳がありました。ワル設定は仕方ないとしても、やはり有能設定にはしてもらないと。

そうそう。可哀相なのは蒲生さん。なーんにも悪くないのに、酷い目にあう。踏んだり蹴ったり。世の中に正義はないのか。で当の政宗は「本当に謀叛してないの?」と奥さんに聞かれても大嘘ついて、でもさすがに目を合わせられなくて抱きしめる。笑えるシナリオでした。

最近の大河なら、まず主人公は決して悪巧みなんかしませんね。一揆をこっそりけしかけたのは、たとえばイッセー叔父の独断ということにする。この独眼竜の嬉しいところは、政宗がかなりの策謀家でダークなことです。非常に困った奴なんだけど、なか憎めない。たとえばライバルの蒲生氏郷も、狭量で憎々しげな武将としては描かれてはいません。どっちかというと正義の人だけど、運が悪かった。たまたま酷い奴といっしょに戦いをする羽目になった。

その氏郷が厳寒の陣屋で寒さに震えている。面白かったです。たしかに東北へ初遠征の蒲生勢、寒さに震えたでしょう。こういうシーンは初じゃないでしょうか。なぜか暑くても寒くても武将はまったく変わりなく、平気の平三というのが通例です。今はそこまで緻密な脚本(演出)をする余裕がなくなっている。女衆もそうで、冬は着膨れ、夏は薄物のはずなのに、なぜか真夏も真冬も同じような衣裳を着てウロウロしてます。

石田三成(奥田瑛二)。ま、悪役設定ではありますが、そんなに悪でもない。そこそこの器量という雰囲気ですね。頭はキレただろうし、能力も非常にあったことは間違いないわけですから。

dokuganryu2014.jpg良いもんも、悪いもんも、それなりの人物として描くってのは大切です。ドラマに深みを与える。

何故その人物はそう思ったのか、彼なりの計算やら正義感やらで行動しているはずです。かなり三枚目的な存在で、一揆に追われてしまった木村親子にしても、けっこう時間をつかって芝居させてもらっていますね。お人好しではあるが、完全な馬鹿でもない。ただ計算が甘いだけ。可哀相に。

そうそう。久しぶりに三春の宿老がメゴのところへ挨拶にきました。山形勲さんですか。枯れていて安心感がある。懐かしい。

こんなに身勝手でいいかげんな主人公を擁した大河ドラマってあったでしょうか。秀吉に臣従したはずの政宗、そうはいってもヘイコラするのは気分が悪い。女房を質に出せと命令されてもグタグタ抵抗。でも抵抗したって無理ということは理解しているんですよね。

でまあ、奥さんから依願されたような形で、うん、そこまで言うなら仕方ない、京へ行け。悪いなあ。かといって留守中、側室のネコに手を出さないという約束(かなり曖昧な約束だったけど)を律儀に守る気もない。

dokuganryu2014.jpgなんか悔しいから隣国の百姓を煽動する。引っ越してきた蒲生氏郷に陰険な意地悪をする。この氏郷の役者、誰だったか。見知った顔ような気がして調べてみたら寺泉憲という人。うーん、知らない役者さんでした。

今回も勝新秀吉は大活躍。能衣裳を着て女どもの間に乱入して、ガリガリ氷をかじる。田舎から出てきためご姫は仰天しています。あははは。

小田原包囲の陣。いやー、勝新秀吉の独壇場です。体型だけはナンですが、それ以外は神レベルの天下人。演技というより、勝新の存在感なのかな。見応えある対面シーンでした。渡辺謙の政宗が小物にみえる。

dokuganryu2014.jpgいいですねぇ。ガツガツと粗野な飯の食べ方。指を口につこんで食べ滓をシーシーする。子供(鶴松か)にベタベタ頬ずりしながら、思いつきのように天下の仕置きをする。気分しだい。文句なしの権力者です。こうでなくっちゃ。

こういうドラマを見ると、日曜の大河があほらしくなります。大河、ほんと、つまらんぞ。役者もみーんな下手にみえる。

なんだらかんだらの末、ついに小田原参陣。越後ルートをたどって行ったとは知りませんでした。時間稼ぎだったのか、それとも家康の助言があったのか。そのへんは詳細不明。

いやー、小田原では錚々たる面々が政宗を訪問。訪問というより尋問ですね。前田利家浅野長政施薬院全宗、えーと前田玄以もいたかな。あと二人くらいいたような気もするけど、みなさん堂々たる戦国武将。みんな見知った俳優さんだったと思いますが、うーん、貫祿がある。

dokuganryu2014.jpgこのシーンはよかったです。もちろん津川家康も素晴らしい。やる気のなさそうな、眠そうな表情をしていて、いかにも喰えないタヌキ。そうそう、息子の結城秀康もいかにも闊達で軽い。いいですね。そして最後はおぼろに霞んだ映像でラスボス登場、勝新。

そこで次回へ期待をもたせて終わり。素晴らしい。

母が政宗に置毒。そして政宗は問題の根底である弟を斬る。見応えのある回でした。

こういう事件がほんとうにあったのかどうかは知りません。実際には事件後もしばらくお東は館に居住し、政宗との手紙のやりとりもあったらしい。そのあとで理由は不明ながら最上へ行った。要するに真相は闇の中。

それはそれとして、毒殺未遂説にのっとったこの脚本、上手に構成されています。置毒を決意する過程とか実行犯の侍女(おちゃこ)とか、みんな巧いなあ。トリカブト入りの山鳥の吸い物をたべてからの政宗のお芝居も特級品。涙をボロボロ流しながらも姿勢を崩さず、冷然と息子に別れを告げる母親もいい。共に地獄へ参りましょうぞ。

奇麗ごとにしていないのもいいですね。政宗が弟を斬る理由は憤怒、復讐です。もっともらしい理由はつけていますが、根底は母への恨みです。だから弟が「母上様に会いたい・・」とかなんとか甘ったれたことを言ったとたん、発作的に刀を振るった。ただし殺した後、プライベートな寝室では悪夢におびえる。けっこう冷たい顔で奥方がそれを見ているのも、うん、なかなか悪くないです。うん。
dokuganryu2014.jpg
そうそう。最上へ逃げた岩下志摩。髪が白くなったせいもありますが、表情が一変している。目の力が消えたからかな。妙に清々しくて幼女のように綺麗でした。変貌した妹を抱く原田芳雄。兄妹とは思えないような濃密さです。


もうどうでもいいですが、昨日の官兵衛。関白の御前で、座っている三成におおいかぶさって吠えるなよ。顔がくっつきそう。薩摩処分の方針で対立の構図はいいんですが、恫喝はいけない。智略に富んだ軍師とも思えない。あまりに不作法すぎます。


関白は小田原攻めを開始。伊達家は抵抗か参陣かで揺れています。だいたい若手は徹底抗戦派、年寄り組は降参派ですね。別の表現をすると主君か御家か、政宗か伊達家かという選択です。

こうしたユラユラ・モヤモヤだけで45分。でもしっかり見応えがありました。役者さんが揃っていないと無理ですね。その前にしっかり書き込まれた脚本が必要か。最上へ相談にいったお東と義光だけの芝居でも10分くらいはあったんじゃないでしょうか。そう簡単に説得されたりはしないんです。

雪深い最上の屋敷内で小さな火鉢を間に原田芳雄と岩下志麻だけの演技、これが兄妹なのか、恋人同士なのかもわからなくなる濃密な空気。まるでこれから道行という雰囲気です。

設定として、あくまで母親は政宗を彼女なりに愛しているという点が素晴らしい。単純に憎みあっているわけじゃないんです。ま、母親としてはどっちかというと次男のほうが素直だし好いてはいるんですが。次男はもちろん可愛い。伊達家は大切。そこへ奸智の兄が蛇のように毒を吹き込む。だんだん修羅の道へ引きずりこまれていく岩下志摩。

dokuganryu2014.jpgたっぷり見せてくれた悲劇の前夜でした。うん、よかったよかった。


それにひきかえ・・

で、軍師官兵衛。うーん。こっちは言うてせんない話なんですが、悪口言いたくなってしまった。

題材はかなり魅力あるものなのに、惜しい。惜しいというより、イラッとしっぱなし。なんでなんだろ。

安国寺恵瓊に嘘をつかせ、隠居した吉川元春の元へズカズカと官兵衛がやってくる。こりゃありえない話です。嘘をついちゃいけない。非礼。元春も用心が足りない。

で、官兵衛が元春を説得(のつもりらしい)する。説得というより大声で恫喝に見えます。おまけに病のせいか元春がヨロッと転んだり。足の弱った主君の傍に近習や小姓はいないのか。そもそも家来はいるのか。

蜂須賀小六が死にます。臨終の床の周囲にはなぜか嫁にやった娘と嫁入り先の姑と官兵衛。長政もいたかな。とにかく黒田関係者が勢ぞろい。小六の奥さん兄弟縁戚子供などなどは何しているんだろう。おけまに秀吉までもが供も連れずに急にのしのしとやってきて、遺骸の上に仁王立ちして横っ面叩き。当時の秀吉はもう関白ですよね。関白殿下が臣下の屋敷へ御成りになるのに、先触れもない。

えーと、大坂城ですか。迷路のような廊下を長政の若い嫁がフラフラ歩いていて、開けっ放しの衣裳部屋(?)に闖入。それとも居室なのかな。侍女の案内なしというはずもないし、しっかりもの(のはずの)長政妻女まで一緒なのに。で、その部屋の主らしい若い女(茶々)にろくな挨拶もしない。

吉川元春が死にます。ここではさすがに身内が何人かいるようですが、なぜか異分子の官兵衛も偉そうに座っている。おまけに元春が息を引き取ると、ろくな挨拶もしないで冷たく立ち去る。

目上の人の前では「身を低くする」という礼儀常識が全体に欠如しているんでしょうか。上から睨みつけて、つばを飛ばして怒鳴ったら決闘でしょう。あるいは臣下の臨終の席に関白殿下が闖入してきたら(ありえないけど)、他の連中はとうぜん恐懼してスペースをつくり、平伏(せめて頭を下げるとかて)するのが自然でしょうね。しかし誰も動かずスペースがないので、秀吉は布団の端を踏みながら近づいていました。布団の上を歩いちゃいけません。

そういう演出をしたからといって経費がかかるわけではなし、単に演出がサボっているだけ。あるいは常識がないのか。敢えてやっているとも思えないし。

同じようなヘンテコリンは朝の連ドラでもしょっちゅうあります。というか最初から最後までヘンテコストーリーだけど、朝ドラはしょせん学芸会。そう思っているから(好かんけど)腹はたたない。

大河ドラマ。せっかくいい役者を使い、けっこうな予算も使っているはずだから、惜しい。「軍師」というなら九州攻めなんて諜報調略、官兵衛の腕の見せ所だと思うんですが、視聴者に見えたのは死にそうな吉川爺さんを挑発恫喝したことだけです。軍師が(恵瓊坊主もそうですが)戦いでもないのに座敷内でやたら鎧を着込んでいるのも不自然でたまりません。ユニフォームなんですかね。

もったいないなあ。

来年の松陰の妹が完全な青春群像ドラマになるのなら、それもよし。あるいはその次の真田丸がコミック味付けの歴史ドラマならそれもまたよし。なんにしろドラマの方針をきちっと定めてほしい。重厚演技なのに中身がカラッポという大河だけは困惑します。最近数年ずーっとそうですが、意味もなく主人公ヨイショ(ただしセリフだけ)という脚本はさすがに閉口です。

いよいよ決戦。奥州の覇者にならんとする政宗は、どうしても目障りな芦名勢を破る必要がある。その決戦、あんまり詳細部分はわかりませんでしたが、ま、芦名の当主がまだ若く、連合軍の結束が堅くなかった。で、裏切りをキッカケにして総崩れ。

破れた芦名が城を逃れる場面で、兵士たちに混じって女中たちも必死で走っていたのは珍しいです。置いていかれたら最後。そりゃ足弱とはいえ命をかけて必死に逃げます。ただ、あんまりドラマでは見ないシーンですね。悲惨になってしまう。

ここにいたるまでのあちこちの戦いでも、たぶん政宗はけっこう「なで斬り」を実行していたと思うのですが、それを強調しすぎると政宗が英雄ではなく鬼になってしまう。かなり省略してるんでしょう。

そうそう。最上の義光アニキが例によって立て膝スタイルで、妹にゴソゴソ入れ知恵してました。こんなんじゃ、秀吉に睨まれるぞ。気をつけろ。お東様も何か心するところがあったような様子ですね。これが毒饅頭(?)につながりそうです。

dokuganryu2014.jpgてなことで政宗はめでたく勝利して、米沢から会津黒川城に入りました。井の中の蛙とはいえ最高のいい気分です。井戸の外がどんな状況か。ちょっと心配で恐いけど、ま、まだ余裕はあるだろ。目をつむっておこうぞとタカをくくってます。

考えてみると伊達政宗、ずーっとタカをくくりっぱなしの前半生ですね。当時の言葉だと「横着」とでもいうんでしょうか。静かにしていたほうがいいと知ってはいても、目の前に機会があるとつい手を出してしまう。今回の惣無事令違反にしても、小田原遅参にしても、上杉や南部との間のゴタゴタにしても、とにかく欲が先に立つ。

それなのに始末もされず、危険な軽業しながらずーっと生き長らえた。生き残るっても英雄の条件ですわな。

追記
仏間(?)にあつまって心配げな米沢の女衆。そこへ勝利の知らせが届いて大喜び。戦闘の背景として、こういうシーンもいいですね。オチャコがどさくさに紛れて吉報の使者(前に縁談のアレではないよね)にとびついたのはサービスで笑えました。


何が移動したの?というタイトルでしたが、要するに延々太平洋まで行って波遊びをした。それから南下し(これは陽動)、急に引き返して猪苗代へ。ま、そいういうことだったみたい。

細かいことですが、はしゃいで海に入った政宗主従、あとできちんと濡れた太刀の手入れをしたかな。「え? 海の水って、錆びるのか・・」と後悔したような気がします。

ま、それはともかく。馬から落ちて落馬(あんまり上手な演技ではなかった)した政宗はフラストレーション溜まりっぱなし。当時のことですから、必ず完治すると決まったわけでもないんでしょうね。複雑骨折だったかもしれないし、無理に動かすと化膿したり。たしか頼朝も死因は落馬でした。

で、仕方なくチマキのヤケ食いしたり、保養リゾート行って猫御前といっしょに温泉でキャーキャー騒いだり。NHKでこういう混浴シーン、あまり見た記憶がないです。転んだ政宗を助けに温泉に飛び込んだ家来が猫の裸身を見てしまって動揺とか、けっこうチープに笑わせてくれました。

dokuganryu2014.jpgそれにしても寺田農の大内定綱、あいかわらずいい味。政宗のドジ落馬でスケジュールが狂って困った様子とか、ちょっと呆れた感じとか、口をゆがめてうーんと唸る。主君が失敗すると家来が苦労する。これはしたり、それにしても馬でしくじられるとは・・

あいかわらず四方八方に敵を作って戦っている政宗、とりあえず南の芦名連合と相対しているもののかなりの劣勢です。ほんとうは撤退したほうがいいんだけど。

で、なんとか北の最上と和睦ができないかと思案。最上と休戦協定をむすべれば、引き当てていた兵を南に振り向けることもできる。うん、いい考えだ。

で、母親に調停を依頼します。頼まれたお東さま、ホクホクお喜び。息子と実家は仲良くしてもらわないとね。

以後は伊達と最上の和睦交渉ですが、いやー、これもよかった。すんなりは決まりません。両方の思惑があるんで押したり引いたりこじれたり。軍師がのりこんで「天下のためですぞ」とか殺し文句で恫喝するとすぐ納得する最近とは違います。

お東さまと義光、妹と兄の話し合いもなかなかでした。こっちも恫喝したりおだてたり理屈をたてたり泣き落としに出たり。交渉ごとって、そう簡単に決まるもんじゃないですよね。

そうそう。湯浴みの最中の刺客。駆けつけた小姓役の少年(文七郎?)がマゴマゴしてるのがリアルでしたね。刺客を切ろうとしてるんだけど、殿と敵が格闘してるんで体がすぐ入れ代わって決心できない。下手にやると殿を切ってしまいそうで・・。役に立たなくて、よかったです。

dokuganryu2014.jpg最後。捕虜の泉田重光引き渡しのシーンも良質。両軍がきちんと礼儀を守っていて、なおかつしっかり用心を怠らない。最上の使者団が去りぎわに立ち止まって、きちんと立礼したのもよござんした。そもそも礼儀って、こうした(基本的に仲よくない)人や集団の間の安全保障行動プロトコルなんでしょうね。礼を守っている人を侮辱したり殺したりするのは最悪。爪弾きになったんでしょう、きっと。

女同士の対決。扇を構えた猫御前の腕前がどれくらいなのか見たかったですが、そこはしり切れとんぼ。尻切れ猫。

今回は東の戦線で人質になった老将(名前忘れた) の肩を張らない自然な演技と、もちろん寺田農の大内定綱が詫びをいれてくるところ。名場面ですね。大内定綱、いかにも狡猾かつ有能そうで、弁舌さわやかで肝が座っている。こういう降将、ほんと、首を切るべきか許すべきか、迷いどころでしょう。で、政宗は結局許すことにした。感情ではなく、損得(打算)をとったわけです。

そうそう。数珠の件で少しほだされて軟化したらしいお東が銃50丁のビッグな餞別。これはすごい。非常に高価です。このお金、ヘソクリということもないから大事にしていた箪笥の持参金でも使ったんでしょうか。例の山内一豊の妻も、名馬の代金として提供したのはたぶん持参金といいます。当時の正妻というもの、それなりの財産をもっているとすると、けっこう発言権もあったのかもしれません。

dokuganryu2014.jpgま、発言権といっても、最近のドラマのように作戦会議にまで奥さんが顔を出すのは論外。亭主に言いたいことがある場合は当然のことながら私室で(イジイジと)文句つけたんでしょうけど。

ということで今回も楽しい回でした。

そうそう追加。三浦友和の戦いのシーン。きちんと兵士の配置や陣形なんかを指示してから「押し出せぇ!」をやってました。単に大声でわめいてるだけじゃない。当たり前のことですが、ちょっと感動。

側室のねこが悪いイタズラをして正室の愛姫はふさぎ込みます。あんな女、成敗して!と頼んでも亭主は煮え切らない。ま、当然ですけど。でも廊下では(わざとジラシながらも)ねこが脇に避けて正室に頭を下げました。それが身分・立場というもの。両方とも一切口をきいてないけど、何を考え何を言おうとしていたかは瞭然。

それに比べると数年前の清盛でしたっけ、璋子(檀れい)と寵姫の得子(松雪)が御所の廊下でぶつかって、なぜか璋子様が譲ったり。そんなバカな・・というシーンでした。結果的に美福門院得子という人物が薄っぺらなキャラクターになってしまってます。

それをいうなら、西行の佐藤義清が国母の首を締めたり、犯人は自分だとなぜか清盛が言い張ったり。あれは意味不明だらけの大河でしたね。ほんと、最近の大河の脚本は劣化しすぎ。天地人も酷かったし、江なんかは話にもならない。

で、政宗の周囲では反乱や謀叛が頻発します。後ろで糸をひいているのは最上。血気にはやって最上を討つ!とわめく若い政宗。なだめようとする老臣たち。怒り狂う岩下志摩。このお東様も本人なりには伊達を思い、政宗のために考えているつもりなんで事態がややこしい。

dokuganryu2014.jpgで、久しぶりに原田芳雄の最上義光が登場しました。うん、やっぱりいいです。まだ若い政宗とは戦国武将として鍛えが違う。奸雄という感じがたっぷりで、特に火鉢でモチを焼いているシーンなんかは最高。最後のほうでモチを放ってましたが、家来に「たべろ」と与えたのかな。セリフの話し方も肩に力が入っていなくて、見応えありました。

ということで予期せぬ南北戦線。伊達は窮地です。これでもう16回ですか。毎週が楽しみです。

もっぱら米沢でのいろいろ。弟の軸丸を芦名へやりたいとか、正妻がいじけているとか、岩下志摩の実家贔屓で政宗がイラつくとか。で、猫御前(飯坂の局)が登場。

身内話なんですが、けっこう見応えはありました。

佐竹・芦名の結びつきにメンツをつぶされ、芦名許すまじ・・と執念の炎をやす政宗ですが、これ、結局どうなったんだっけ。伊達が勝ったのかな。勝ったけど、その後の秀吉采配で、会津は放棄させられたような気もする。で、その後は蒲生で、蒲生氏の後が上杉かな。このへんの記憶というか知識はかなり曖昧です。

dokuganryu2014.jpgこのドラマ、南奥州でゴタゴタ大騒ぎしている間に中央の秀吉が大勢力になっている。なっているけど、どれほどの力なのか、わからないですよね。「伊達は島津みたいに弱くはないぞ」と強気の成実がわめくのも当然です。三浦友和、キリッとしていてほんと豪気の武将を好演しています。
まだ二本松攻めに手こずっているものの、だいぶ展望が開けた段階。

で、例のパターンで仲介が入ります。城兵の安全撤退をみとめる代わりに城を明け渡す。後家のふんばりで頑張っていた市毛良枝は一粒種(か?)の子供を連れて涙ながらに退散。市毛さん、正直言ってそんなに美人女優じゃなかったんですね。なんとなくもっと綺麗かと思っていた。

伊達家では他にはたいした事件は起きません。小十郎の息子の命が助かったとか、ようやく論功行賞ができたとか、経理総務部長が決まったとか。政宗は得意々々。

中央では大事件というかターニングポイント。津川家康がついに関白に屈伏します。そうそう、前段階の朝日姫・野川由美子もけっこうよかった。いかにも田舎くさくて、兄との関係も肉親であるようなないような微妙さがあって、好感。

で、秀長邸での党首会談はやはり見物でしたね。勝新の秀吉もまあ想像通りで悪くなかったですが、津川雅彦の家康は出色。目の前で下品にガツガツ食べる秀吉を見る視線、思いもよらないことを提案されたときの反応。ほとんど無表情ながらいかにも喰えない男を演じてくれました。最高です。

dokuganryu2014.jpgこうして中央と東北の片田舎を対比すると、なんといっても政宗は小物。しかも自分の立場をまだしっかり認識できていない状況です。

楽しい45分間でした。

書いた原稿、消してしまった。こういうミス、あんまりやらないんだけど、あららら。

とういことで今回は簡単に。

常識を知らない若僧を成敗しようと、佐竹を盟主とした大軍が雪の中を押し寄せます。伊達の大ピンチ。

遠藤基信と鬼庭左月のコンビが消えてしまいました。基信は雪の墓前で割腹。腹切っただけで死ぬのは大変だから、きっと首も刺したんでしょうね。

鬼庭左月は死にどころを探している気配でしたが、ふと思いついて戦闘に参加。政宗から采配をもらい、ニコッと笑って鍔を鳴らして金丁して出発しました。こういう何気ない金丁シーン、いいですね。わざとらしくない。

乱戦で御大将政宗が自ら太刀打ち。通常、こういうパターンは見ていられないんですが、今回はそんなに不自然でもなかった。政宗があまり格好よくなく、無様に転げ回ってたからでしょうか。

dokuganryu2014.jpg同じ太刀打ちでもたとえば清盛と義朝とかのは酷かった。時間も長いし周囲もシーンとして眺めてるし。今年も若いころの官兵衛がやってました。基本的に大将は個人技で戦っちゃいけません。(たとえば豪勇最上義光が鉄棒振り回すってんなら許可。あの人はやりかねない。今年でも黒田長政なら仕方ないですね)

老臣たちが消え、和尚さんも南アルプスへ旅立ち。政宗の周辺は寂しくなりました。
タイトルの通り、伊達輝宗が殺されます。

脚本がいいですねぇ。畠山義継が泣きついて伊達に降参してくるんですが、どっちかというと若い政宗が無茶を言っている。義継にすれば「謝ったら許してくれるのが常識でしょ」ということ。降伏条件として領地の半分は差し出すんだし、もちろん子供も証人にする。どうしてもと言うなら自分が腹かっさばいて責任とってもいい。そのくらいの自覚はある。

許してもらえるのが普通なんです、たぶん。あっちの味方、こっちに味方と変節を繰り返してきたのは中小領主の宿命。でも新感覚世代領主の政宗はそれを認めようとしない。頑なに拒否する。

ということで義継は追い詰められ、窮鼠猫。旧世代の常識人輝宗は無様な人質となり、二本松の手勢に囲まれて阿武隈川までひったてられる。このまま城まで連れていかれたら万事休す。

この場面、なんとなく火縄銃の一斉射撃で死んだのと思い込んでいましたが、このドラマでは義継が刺し殺しました。何回も何回も刺すのが、うーん、時代です。憎しみがあらわれている。殺された輝宗も急に静まり返ったBGMの中で遺言を残したりはしないで、あっさり死にます。

輝宗、享年42とか言っていました。そうか、北大路輝宗は妙にツクリが若いなあと思ってたけど、だいたい年齢に合っていたんだ。政宗は19ですか。こっちは少しふけてるけど、ま、そういう19歳もいる。

で、今回の敵役となった畠山(二本松)義継は享年34だそうです。こっちも実年齢は若い。どっちかというとまだ青年武将ですね。残された正室(市毛良枝)がキリッと若く見えるわけです。長男が12歳としたら、まだ奥さんも30前くらいなんでしょうね。

どうなんだろ?と少しは疑問でしたが、渡辺謙という役者さん、若いころから上手だったんだと知りました。あらためて認識しました。父が人質になったときの壊れかかった激怒の表情。噴出するエネルギー。ぼろぼろ溢れる涙とよだれ。最後のほうの寂しそうに肩を落とした横顔。やるせなさがたっぷり出ていました。

dokuganryu2014.jpg仮通夜かな、若い新世代の家来たちが気を張って起きているのに対して、いかりや長介・神山繁のお決まり老将コンビはもう体力が続かなくなっている。不本意だけど大きな火鉢にもたれて居眠り。立ち上がるのも難儀で、手を貸そうとするのをいったん払った老左月が、ちょっと思いなおしてまた友人の手を借りる。世代交代を予感させ、細かいけど、いいお芝居だったと思います。

なるほど、政宗というのはニュータイプの武将だったわけですね。それまでの戦国常識の通じない飢狼のような新世代領主。800人なで切りも断行するし、なあなあの和睦交渉なんて受け付けない。温情や妥協で奥州統一なんて不可能。ミニ信長です。

ただ、こういう断行路線はスムーズに進行すれば破竹の勢いですが、ちょっとでも躓くとガクっと失勢する。老臣たちや父親が心配するのももっともです。周囲の領主からすると非常に危険な人物。機会があったら寄ってたかって潰しにかかる。

dokuganryu2014.jpg今回は落城した小浜の城主、大内定綱の芝居が見応えありました。寺田農。こういう脇役というか敵役をいい役者さんが上手に演技すると、ドラマがずーんと深みを増します。どっちが悪いとか良いとかいう話ではない。それぞれの事情があって、それぞれに考えてそれぞれの人生を生きている。

で、19歳の政宗は小浜に続いて二本松攻撃も決意。いまさらゴメンと言ったって絶対許さないぞ。忙しいです。かなり前のめりに焦ってもいます。若いですから。

若くて気負った政宗はさっそく芦名攻めを計画。解説によると当時の芦名は伊達よりも大きな勢力を持った領主だったらしいですね。で、たいして深く考えない突貫作戦はあえなく挫折。

えーい総攻めじゃ!と破れかぶれになるのを止めたのはもちろん知恵の片倉小十郎輝彦です。匹夫の勇にあらざらんやとか、べからざらんやとか、難しい言葉を使って立ちはだかります。

冷静な西郷輝彦、勇猛果敢な伊達成実友和。うまく役割分担しています。伊達成実の言葉づかいがけっこう政宗と対等感覚なので気になって調べてみたら、要するに政宗の従兄弟なんですね。父の縁、母の縁、いろいろあってかなり濃い縁戚関係。その点で小十郎とは少し違う。なるほど。

伊達当主といっても絶対君主ではなくて、いわば盟主というか、組合長とでもいうか。戦に負け続けたりして信頼を失ったら本当に追い出される危険性がある。政宗が焦るわけです。

関白になった勝新秀吉は例によって御殿で一人で大騒ぎ。今回のオモチャは金平糖でした。前回はオルゴールでしたね。金平糖、当時から赤やら黄色やら色のバリエーションがあったんでしょうか。ま、このへんはご愛嬌です。興にのって女中たちにも金平糖を分けてやったりしてるのが自然です。

また、当たり前の話ですが、政宗も他の武将も、日本を統一して民百姓の苦しみを・・・・とか言わないのが嬉しい。敵をバッサバッサとなぎ倒して領地を拡げるのが男の器量。野望がスッキリ単純でいいです。

dokuganryu2014.jpg芦名本体が強敵で難しいなら今度は弱そうな小浜の大内だ!と決めたみたいですが、ま、どの方向見ても敵といえば敵。攻める理由には事欠かない。戦国の世です。大内って寺田農かな。

メインストーリーではないですが、桜田淳子の愛姫も、けっこういいですね。ちょっと自信なさそうで、薄幸そうで。

この回から渡辺謙がフル登場。三浦友和も出てきましたが、予想外に硬派なお芝居をしています。もう少し柔らかい雰囲気かと思い込んでいたので意外。向こうっ気の強い青年武将が似合ってます。

相続の祝賀に訪れた大内なんとかという近隣の小領主、なんか見た記憶あり。こずるそうで、かといって卑屈でもなく、はて誰だろう?と調べたら寺田農でした。なるほど。

でもやっぱり原田芳雄の最上義光ですね。仮病を使って見舞いにきたのを謀殺したあと、寝間着のまま縁側で、血刀を肩に便所座りにしゃがみこんでニヤリと笑う。あの演技は絶対に原田芳雄のアイディアでしょう。いかにも悪どい。呪われている。

dokuganryu2014.jpg総じて感じるのは、それぞれの俳優さんが、微妙な演技をすることが許されていること。いまなら説明口調のセリフを必ず言わされるんですが、そうしたセリフなしでも、不満に思っているとか動転しているとかを表現できる。ま、当然ではあるんですが。

視聴者に要求されるレベルが高かったんでしょうかね。それとも今が視聴者をアホ扱いしすぎるんでしょうか。

今回は山形の最上義光の登場が多かったです。うん、何回見ても原田芳雄の奸悪演技は素晴らしい。こういう魅力ある悪役、最近の大河ではほんと払底してますね。

そうそう。勝新の秀吉もなかなか。ちょっと迫力がありすぎて従来の秀吉イメージからは遠いのですが、でも恐そうで我が儘で、なおかつ愛嬌もある。これもありという感じです。演技力なのか存在感なのか。

当主の代替わり決定が大きなテーマとなった回でしたが、当時の大名と家来の関係がよく理解できます。ほとんどの大名は「絶対君主」ではないんですね。兄弟親戚も多く、いわば一族寄り合い所帯の代表のようなもんです。とって替わろうという野心をもった連中も多いし、もし信頼を失って臣下にそっぽ向かれたら簡単に追い出される。

ただし信長だけは特殊な例外かな。ライバルになりそうな連中を次々と粛清し、うるさい重臣も片っ端から退けてカリスマ独裁政権を作り上げた。おまけに兵農完全分離ですか、専従の兵士部隊による画期的な機動性を確保した。それにはすごい費用が必要ですが、背景として財政の成功もあったんでしょうね。合理的かつ効率的なシステムを作り上げたのが信長。やっぱ天才です。

dokuganryu2014.jpgただし、このシステムは常に独裁者が必要。完全ワントップ体制だったため、自分が死んでしまうと後が続かない。後継者を育てる時間の余裕がなかったし、肝心の長男信忠が単細胞であっさり自害してしまったし。

最後の数分あたりで幼い夫婦が変容して大人に、渡辺謙・桜田淳子になりました。これにて愛らしい(学芸会演技だけど)ゴクミとはおわかれ。

今回は学芸会パートがけっこう長かったです。だからダメということもないけど、見ているとなんか気恥ずかしい。正視するのが辛い。

ま、唯一、初陣のフレッシュな感覚みたいなところはよく描けていたと思います。ドキドキ、ブルブル、カッカッ。白刃は舞うし血は流れるし悲鳴は聞こえるし人は死ぬし。

中学生くらいの少年ですから、通常は老練な連中が周囲をしっかりガードしてたとは思いますが、それでも危なっかしくて仕方ない。ただなんとかそこを通過しないと一丁前の武将にはなれないわけです。大変な商売だ。

ストーリーとは別の話ですが、今年の「軍師官兵衛」で感じていた違和感の正体を発見。官兵衛では武将たちが陣羽織を着ていないです。みんな鎧姿むきだしで床に座り込んで談義をしたり酒を飲んだりしている。だから偉いはずの秀吉なんかも妙に軽々に見える。

dokuganryu2014.jpg戦場ならともかく、安全な城の中でも鎧姿のままってのは非常にヘンテココリンですね。正確には知りませんが、準臨戦態勢であってもせいぜい小具足とか、軽微な装備でないと重くて大変です。

子供の頃にいたずらで鎧を付けてみたことがありますが、あれ、とにかく重いです。窮屈です。歩くんだってノッシノッシ。チャンスがあったらすぐにでも脱ぎ捨てたい。

なんか特別な理由があるんでしょうかね。何故か最近は陣羽織が流行っていないようです。

これも素晴らしい回でした。

三春から姫様お付きで来ている村岡、特にセリフで説明はしていないものの、どういう立場でどういう考えを持ったかがストートにわかります。役者さんの名前は知りませんが、巧い。刀で刺されても血が流れないのはナンですが、当時のNHKの方針かな。

西郷輝彦の片倉小十郎も凛々しいです。馬上姿がいい。立ち居振る舞いがきれい。特筆ものは例によって三春と伊達の重臣同士の話し合いですね。どうして侍女を成敗したか非常にややこしい事情なので、ちょっと弁解したからすんなり許してもらえるわけもない。最近の大河なんかだと、主人公が理解不能の心情的主張を大声でわめくとすぐ「さすがじゃ・・」とかなんとか、簡単に手打ち(お手打ちじゃないよ。解決のほう)になってしまう。安易。

dokuganryu2014.jpg独眼竜では時間をかけてきっちり話し合いの過程を見せてくれます。両方が頑固に言い合って、そこに片倉小十郎が呼ばれて、琴の音が聞こえて、上手な役者さんたちが上手な芝居をして、なんとなく「こういう流れならしかたないか・・」という形で決着。山形勲さんがいい味を出しています。

幼い新婚夫婦の芝居だけは、ま、気恥ずかしい学芸会レベルですが、許容範囲でしょうね。ゴクミが可愛いから許す。

そうそう。密書をとりあげた片倉小十郎の人相風体。細かいのは忘れましたが「ナントカのナントカを着て革の馬乗り袴がどうたらこうたらの手槍を持った若い男」とか、きちんと説明するのも感動。手槍ではなかったかな。ま、こういう台詞、ここ数十年、ドラマで聞いたことがないです。


霏々として雪の舞う中を三春からの花嫁行列。行列ったって冬ですからね、長持ち唄をうたうわけでもないし、みんな蓑かぶって粛々と歩くだけ。かなり寒そうです。米沢の国境あたりで落ち合って花嫁を引きつぎ、田村のお供たちはここから引き返し。こんなアントワネット嫁入りみたいな習慣が当時があったんだ。てっきり老臣+侍女など10人くらいは米沢までつきそうかと思ってた

で、姫様付きの侍女が三人来ることを伊達側が初耳というのはちょっと?な話です。事前の打合せが不十分。でもこのへんの両方の重臣たちのやりとりは見応えありました。雪中のエール交換シーンもよかったですね。

ゴクミ、きれいでしたが期待想像が膨らみすぎてたのか、こんな程度だったかなあ・・という感じ。それでも可愛かったですけどね。でまあ、花婿花嫁のやりとりとかオママゴトなんかは学芸会ふうでちょっと気恥ずかしいレベル。昔の子役は今ほど達者じゃなかった。

このドラマ、会議や宴会の芝居が良質と思います。当主、その兄弟、親戚、重臣、下っぱ。それぞれが特に堅苦しくもなく、かといって馴れ馴れしくもなく、お互いの距離を計りながらきちんと芝居している。けっこう言うべきことは言うけど、最後に当主がスッパリ決断してしまったらもう逆らわない。逆らわない代わり、こっそり(自分の責任で)警護の兵を出したり、万一の指示を与えたりする。

dokuganryu2014.jpgということで死にかけた最上の隠居・義守老の枕頭で、当主の義光と伊達の輝宗が顔を揃える。原田芳雄と北大路欣也です。いやー、とくに原田芳雄の最上義光は素晴らしかった。見た瞬間から「ワル」とわかる。こいつ、何かたくらんでるな。最近のドラマみたいに吠えたりわめいたりの大げさな芝居はしないけど、腹に一物、悪巧みしてるのは明白。もっとも伊達側だってそんなこと百も承知なんですけど。

いい役者さんがいなくなった。もう少し原田芳雄の演技を見続けたかったです。

4回目でようやく元服。藤次郎政宗。まだ渡辺謙は出ていません。

細かな瑕疵はありますが、あいかわらずいいですね。今回は南の田村から宿老の訪問。見たことのある顔の老人で誰だろう・・と記憶をたどったら、そうか山形勲でした。で、田村の客には伊達の重臣お馴染みの二人(いかりや長介、神山繁)が応接。

用件は田村の姫君(10歳)を元服したばかりの政宗の嫁にどうかという話でした。田村家には跡継ぎがいないので、この結婚で子供が生まれたら養子にほしいという条件。

ただいかにも田舎の嫁取り話で、単刀直入には話しません。仲人口でさんざん姫君の自慢をしてみたり、お世辞を言ったり、伊達側はこの前の贈り物の礼をのべたり。まわりくどくダラダラ進みます。このダラダラ感が素晴らしい。

dokuganryu2014.jpg最近の大河なら、重臣居並ぶところへいきなり先方の使者が侵入してきて、直截に縁談話を提案するのかな。下手すると家来が走ってきて「田村から使者が参りました。縁談とのことでございます」とか大声で叫ぶ。

ほんと、大河の「ご注進!」の取り次ぎは必ずバタバタ走ります。重大事を誰がいようとおかまいなくわめきますね。

田村領三春は米沢(伊達領)の南東、福島県の郡山の近くです。おまけに田村の当主の正室は相馬(伊達の仇敵)だったらしい。もちろん伊達当主の正室は最上(これも仇敵)。このあたり、戦国の親戚関係はえらく複雑です。ほとんどみんな縁戚になる。したがって総領にどこから嫁を迎えるかは非常にデリケートな大問題です。

で、伊達パパの奥方・岩下志麻は小領主である田村からの縁談が気に入らない。せめて最上(奥方の実家)とか大崎(名門です)がいいのに・・と暗い顔です。次は後藤久美子の登場かな。楽しみです。

子供時代をずいぶんじっくりやってるんですね。ずいぶんテンポが遅いような気もしますが、中身は充実してるんで、ま、退屈にはならない。桔梗の色を心で見るとか、ちょっとコジツケみたいなエピソードもありました。なんとか無事に納まってる範囲でしょう。

dokuganryu2014.jpg梵天丸はボケーッとした顔して、あいかわらず母を求め続けています。

原田芳雄の最上義光。いかにも品なくギラギラしたワルという感じでほんと、素晴らしい。うん。謀叛おこした弟との対面シーンなんかも悪くないです。こういう対決シーン、今の大河でもしょっちゅうあるはずですが、なぜかあんまり面白くない。作り物感とでもいうか。何が違っているんだろう。

そうそう。いかりや長介の鬼庭左月と神山繁の遠藤基信。重臣二人がこんなコミックシーンを演じていたとは知らなかった。ゴソゴソと側妾の相談したり(大事なことですわな)、先代主君の子供の数を数えてみたり(どうでもいいことですわな)、ほとんど掛け合い漫才。でも達者な役者が真面目にやってるんで、安心して笑える。竹下景子も初々しい芝居が可愛かったですね。

なんか褒めてばっかり。重臣たちが談合しているところに奥方が乱入したシーンでは、もちろん亭主に厳しく叱られます。もし叱らなかったら亭主の立場がない。当然のことなんですが、最近の大河ではそれが当然じゃなくなってるんで、ホッとしました。

追記。
ドラマの冒頭シーン、いいですね。霧の中から騎馬武者が進んできて、天から光が差す。で政宗が「攻撃!」とかなんとか吠えます。すごい迫力。声は聞こえないけど、映像を見ているだけで大音声ということがわかる。味のある、エネルギッシュなシーンです。


いまさらですが「独眼竜政宗」の第2回。

隻眼になった梵天丸がいじけてウジウジする回です。

dokuganryu2014.jpg子役の少年、ほんとボケ顔で味がありますね。ボーッとしている。ボーッとして、キラキラするところが何もなくて超地味。コンプレックスの固まり。

なんで出てくる俳優さんたちの演技にこんな安定感があるんでしょうか。守役の竹下景子も美人すぎずいかにもという雰囲気でやってるし、奥方のお付きの侍女もぴったり。いかりや長介も意外に自然で上手。これがドラマ初出演かな。

重臣たちがゴタゴタ集まって酒を飲んでるシーンなんかも非常に自然です。最近の大河のしらけた宴会シーンとは何が違うのか、考えてしまいます。

そうそう。教育係の虎哉和尚をやるのが大滝秀治。ちょっと甘いんじゃないかと心配でしたが、いやいや、けっこう迫力もありました。優しそうでもあり、恐そうでもあり。喝!と大声だすときは出す。やっぱ名優なんでしょうね。

大河「独眼竜政宗」の再放送が先週から始まりました。これ、当時も時折は見ていたものの、せいぜい3週に1回くらいだったでしょうか。再放送を知ってしっかり録画(土曜の6時から見るのはちょっと無理)。数日後の昼飯前に再生してみました。

うーん、いいですね。密度が濃い。テンポがいい。役者がうまい。北大路欣也がこんなに上手だったとは知らなかった。岩下志麻も年齢的に若妻は大変そうですが、でも演技がしっかりしているんですぐ忘れます。原田芳雄(伊達の仇敵 最上義光)もまだ若くてギラギラしてます。いいなあ。まったく飽きずに見ることができました。

dokuganryu2014.jpg冒頭のシーン、伊達家臣団が野っ原で最上からの嫁入り行列を待つシーンからジーンとしてしまった。主立った4人くらいの重臣が騎乗していて、もちろんそれぞれ馬の口取りもいる。背後には万一のために兵を置いている。ま、当然ですわな。で、若い最上義光と伊達の重臣が口論するわけですが、それぞれが家柄自慢というか先祖自慢というか、いかにもありそうなパターン。笑ってしまいました。

その後のイノシシ退治はまあ、ご愛嬌。で、次の婚礼シーンもいいですね。初対面の嫁さんは一応下座でしおらしく、花婿はいちおう上座。なんかの大河みたいに、新妻に好きだった女の話なんか打ち明けない。当然ですわな。その後の夫婦も一応は亭主のほうが威張っている。内心ムッとしても奥さんはちょっと引いた形を作る。ま、これも形としては当然でしょう。

そうそう。家臣の謀叛で城下が焼かれたときの北大路欣也も反応もよかったですね。もちろん怒り狂ってんだけど、責任ある当主です、大声で矢継ぎ早に的確な指示をくだす。緊急時、ぼんやりなんかしていられないです。いつも急ぎ足で歩いてる。

最上に里帰りしたお東の方と最上義光の会話もいい。いかにも仲のいい兄妹が話をしている感じですね。途中で柱にちょっと寄っかかったりして、二人だけの立ち話。

なんでこんなに良質なんだろ。久しぶりに楽しいものを見ました。非常に得をした感じ。

PC作業に飽きたので、ちょっと気分転換。あっ、自分はめったに仕事で疲れたと感じることはありません。肉体労働ではないからかな。ただし、疲れない代わりに、飽きます。飽きはてる。

まったく関係なく、大河ドラマの悪口でも並べてみますか。NHKさんには悪いけど、ま、トバッチリと思って諦めてくだされ。毎週晩酌しながらグチグチ文句たれてます。


最近の大河ドラマで気になって仕方ないこと。

1. やたら大声でわめかないで
みんな大声で叫びすぎます。おまけに俳優さんたちの発声というか訓練ができていないので、聞き取れない。通常、大切なことを伝えるときは、大声をあげたりしないものですけどね。恫喝するのが目的というなら別です。

2. 廊下を走らないで
これ、子供の頃にさんざん言われなかったでしょうか。ましてや火事でもないのに大のオトナが廊下をバタバタ走るなんて、シツケがなっていない。

秀吉から手紙が届いた程度でバタバタ走っちゃいけません。どうせ届くのに何日もかかってる手紙です。寸秒を争うような話でもなし。

3. 衆人環視の中で、重要なことを叫ばない
そうやって廊下を走ってきた家来が「大変です!」と叫びながら飛び込んできます。レベルは違うものの、外務省の役人が「大変です!尖閣湾に軍艦が・・」とかわめきながら官邸に飛び込んでくるようなもんです。周囲が大騒ぎになる。

重要事項であればあるほど、小部屋でひそひそ話しましょう。そっちの方がドラマとしても重みがあると思うんですが。壁に耳あり、障子に目あり。

4. 立ったまま話をしない
座敷や廊下で突っ立った同士が話をしているのはどうも違和感ありすぎ。立ち話は品がない。大事なことは必ず落ち着いて座ってお話しましょう。江戸時代でも道端で武士同士が立ち話をすることはなかったと、なんかの本で読んだ記憶もあります。

ましてや座った人間に対して上から話すのはレアケース。信長がズカズカッと上座からおりてきて、突っ立ってしゃべるのはかなり無礼というか、威圧的な会話になります。

5. 良い子はお話し中のオトナの邪魔をするな

赤鼻の殿様が家来となんか相談しているところへ、たとえ殿様の子供でも飛び込んできて割り込むのは非常に礼儀知らずです。通常は激しく叱責されます。あっ、立ち聞きなんて論外ですよ。数年前にそんな行儀の悪い女の子がいました。世話になってる目上の人を「サル」と呼ぶのも問題外。

6. 会議の場に奥方は顔を出さない

そうそう。奥方が重要会議の席に平然と座ってる場面が増えてます。あれも非常におかしい。たとえ小さな領主や庄屋クラスであっても、いちおう表と奥、仕事場と私生活の場は分けられていたはずです。会議の模様を知りたいとか、意見を言いたい場合は、奥方の私室に家来を呼ぶのが通常でしょう。実権を奥方が握っているにしても事情は同じです。

ま、大坂城の淀の方なんかは大広間で謁見の際に、完全に主人として上座に座っていたようです。それでも形式的にはあくまで「幼い息子の介添え」というタテマエです。

もちろん家来を私室に呼んで話をしているようなケースでも、子供が割り込むのは論外。大人がお話している邪魔をするのは絶対にマナー違反です。

7. オモテと奥は厳然と区別しましょう

そうそう。どういう意図か知りませんがカンベエが怪我した召使の部屋へ行ってなんか治療していました。あれは完全に(奥さんに対する)越権行為。テリトリー侵犯です。台所や女中部屋に主人が出入りしちゃいけない。下心ありと見なされて当然ですね。

もっともカンベエの場合は、瓜の皮をもっと厚く剥けとかやけに細かい指示もしていたらしい(皮は非常用の漬け物にする)。でもこれ、台所まで出向いて指示してたんでしょうかね。さすがにそこまではしなかったような気がするんですが、不明。

8. 簡単に刀を抜いちゃダメ

今年の大河ではまだ見ていませんが、最近はサムライがすぐ刀を抜きます。西部劇の拳銃と同じで、抜いたら害意ありと見なされて修羅場になります。青筋たてて刀の柄を握ってウムウムウウム・・と構えるのも論外。

9. 情報伝達と移動の距離感がないなあ
大昔のトシマツ・テレポートほどではないですが、あいかわらず日本が狭いです。あっというまに播磨から長浜まで駆けつけて、いきなり勝手にドンチャン騒ぎの場に顔を出す。当時のニッポンの(相対的な)距離の遠さを感じさせるようなドラマ、少ないですね。

人の家を訪ねるときは必ず門番に用件を告げて、案内を請いましょう。もちろん汚れた足はきれいに洗って。


追記
・・・いろいろ書きましたが、読み直してみて、これって「礼儀」とか「シツケ」の問題だと気がつきました。夫婦の守備領域を切り分ける。主人と奉公人のテリトリーを分ける。応接や会話の礼儀を守る。子供は大人の邪魔をしない。他人に迷惑をかけないように気をつけて行動する。大声を出したり睨んだりするのはマナー違反(故に意図的にやれば効果甚大)。

ほんの数十年前まで、一般の家庭でも当然と見なされる行動規範でした。どのへんから変化してしまったんでしょうかね。


アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち大河ドラマカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはカテゴリを追加です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて