2023年の最近の記事

岡山の備前市というところが、新年度から「給食費無料は世帯全員マイナカード取得が条件」とか打ち出しているらしい。ふーん。ついでに今朝の新聞によると政府は、国民全員に振られている12ケタのマイナンバーを「利用しやすくする」らしい。

要するに現行ではマイナンバーの使い方なんかが、法律で細かく制限されているんですね。それじゃ政府として使い勝手が悪い。それでデジタル庁がマイナンバー法の改正案を国会に提出するそうで、ま、実質的に、今後は好きなように用途も範囲も決められる。

そうじゃないかな・・と予想したとおりに進んでいます。そもそもマイナンバーというものは、そうした網羅した形にしないと本来の意味がない()。で、次は「なぜか漏洩!」「意外な悪用!」というパターンでしょうね。必然。

渋々ながら、国民の何割くらいが取得したらこっちもカードを申請するか。だいたいポイントで釣ろうという魂胆が大嫌いです。できれば取得をずっーと遠慮したいけど、かといって不便を忍ぶ気はないし、国家の敵になるつもりもない。はて。

マイナンバー=国民総背番号 ですからね。

 

今月いっぱいまで無料とのことなので、寒風の中、重い腰を上げてインフルエンザ予防接種へ。ちなみに無料は65歳以上、一回のみです。

いつも通っている医院は(市の広報では対応施設のはずなんだけど)なぜか受け付けしていない。仕方ない、少し大規模なクリニックへ。

マスクして予診票を書いているとメガネが曇ります。書きにくいなあ。提出すると「こことここをお願いします」と指摘される。書き忘れがあったらしい。

やれやれ、と椅子にすわってから、あれれ、さっきのカウンターにバッグを忘れてきた。あわてて戻ってから座りなおすと名前を呼ばれたような。あれ、他の人も立ちあがっている。聞き違い。勘違い。

注射が終わって、セーターやらコートやらモコモコ着込んで、受け付けに書類を戻して、診療カードを返してもらって、やれやれ・・と帰ろうとすると「あ、出口はあっちですよ」と言われる。違う方向へ戻ろうとしていたらしい。スタッフが少し笑っていた。あわて爺さん。

爺さんなんだからピッと反応しなくてもいいんです。二回くらい言われてからおもむろに「うん?」と鈍く動くくらいでいい。

今後の心がけですな。ゆっくりゆっくり。あわてずに。のったり。

 

正月電話

| コメント(0) | トラックバック(0)

オトコ兄弟ばっかりの中でたった一人の姉から電話。年賀状をやめたのでその代わりに、とのこと。たしか昭和八年だから、えーと、89歳かな。受話器の奥から響くような元気な声です。

消息いろいろ。一人になった義姉(次兄は先年亡くなった)、寂しいかと少し心配していましたが、話によるとこの正月は息子が来ているとか。よかった。これも独り暮らしになっている弟(四男)のほうは電話してみたけど不在。どっか遊びにでも行ったのか。心配はしていないけど、あとでもう一度電話してみるつもり。

思い切って手術した膝の具合はどう?と尋ねたけど、どうも聞こえてないようでハハハと賑やか。(たしか北海道にいたはずの)次男が手配してくれて、子やら孫やら曾孫やら楽しく集まって会をやったそうです。ま、よかったよかった。

 

NHKの正月時代劇「いちげき」。クドカンの脚本ならある程度楽しめるはず、と観ました。幕末、薩摩御用盗に対抗するため、勝海舟の指示で農兵が育成されたという話です。

なるほどなるほど。良かったです。松田龍平の(ちょっと疲れた)新撰組教官は悪くなかったし、誇張過度の感はあるものの尾美としのりの勝海舟、俳優の名は知らないけど(メガネの相楽総三も良かったです。

ichigeki.jpgそうそう。世話係、飯炊き女の伊藤沙莉もよかったですね()。

ということで文句はないんですが、うーん、なぜ若い人気俳優はカツラをかぶらないんだろ。松田龍平とか杉本哲太とか渋い役者が月代は当然として、染谷将太や町田啓太(人気なんだそうですね)あたりは髪振り乱した現代ニイチャンそのままのスタイルです()。事務所が嫌うのかなあ。それとも単に手間がかかるから? たいしたことではないんですが、気になります。

 

じろうという人らしい。相楽総三は眼鏡をかけていたんですかね。相楽の赤報隊については確か長谷川伸がいろいろ書いてました。

伊藤沙莉、テレビドラマの「この世界の片隅に」の脇役でいい味を出していて、顔を覚えました。

町田啓太にいたっては髪をきれいに整えているのか?

 

麒麟山 開封

| コメント(0) | トラックバック(0)

元旦に封を開け、お屠蘇のまねごとで少し試飲。夜から本格的に飲み開始。

kirinzan.jpg最初はちょっと「昔ながらの麹の味・・」という印象でしたが、すぐ慣れます。スッキリして厭味がなくて、やはり美味しい酒ですね。

製造元の麒麟山酒造では「推薦温度=10度、20度、55度」。要するに燗をつけてもつけなくても、なんなら熱燗も美味しいよ、ということ。かなり自信がある。

それはともかく、清酒の瓶の開栓の方法を完全に忘れていた。ワインみたいに封の部分を押さえておいて瓶のボトムをグイッと回したけど、何回やっても空まわりするだけ。といって硬そうな蓋をナイフで切るのも難しそうだし。

うーんと悩んでいたら、子供があっさり金属キャップの切り込みからクルッと剥きました。あ、そうだった。清酒のような瓶のフタは剥くんだった。なんで思い出さなかったのか。

要するに清酒、ずーっと紙パックばっかりだったからですね。アホだなあ。子供相手だから平気をよそおってましたが、かなり恥ずかしかったです。

キャップの切れ込みが見えなかった・・という理由もある。老眼で細かいものが目に入らない。

 

正月二日、箱根駅伝初日が終わってから。Eテレで恒例の新春将棋が始まるようなのでチャンネルを切替。これは毎年必ずではないけど、タイミングが合えば楽しみに見ています。今年はどんな棋士が参加するのかな。

あれれ? 前からこんな形だったっけ。予想イメージとはずいぶん違っていました。一応、木村一基とか山口恵梨子とかは出ているけど、お笑いのサバンナが司会。あらためて新聞の番組欄を開いてみると「2023新春将棋バトル!バラエティー五番勝負」だそうです。そうか、バラエティー勝負なのか。

なんか駒を使ったマージャンみたいな4人ゲームの紹介なんが始まったので、仕方ない、消しました。

明日の「新春囲碁」のほうはどうかな。うーん、これも「プロ、囲碁好きアマ、覚えたてのAKB48が入り乱れ、タッグを組んでオモシロ対決」ですか。

どっちも方向性が違ってきた印象です。担当役員が変わったとか。少し、哀しい

 

初詣

| コメント(0) | トラックバック(0)

恒例。近所の神社へ参拝。いつもけっこう時間はかかるけど、今年は常にもまして長い長い列でした。

数列前に並んでいた御夫婦。ニ礼、二拍手、最後の礼が微動だにしないで長かった。いろいろ祈願があった。気持ちがこもってたんでしょうね、きっと。

風もなくて穏やかな元旦でした。

 

年末、年賀状印刷で無線接続のプリンタ()にデータを送ると、やたら接続が切れる。たいてい「オフライン状態です」というメッセージです。

いったん成功して、続けて印刷しているぶんには比較的スムーズなんだけど、ちょっと間があくと切れるような雰囲気。そんなバカな!と印刷状況を調べても、原因がわからない。ガチャガチャ無意味にいじったり再起動していると、なんかそのうち通じたりする。ま、そもそもプリンタなんて滅多に使わないからなあ。

あんまり不便なんで、設定を変更しました。MSが勝手に変更した接続方式「WSD Port」旧来の「標準TCP/IP Port」に手動で戻す。はい。とりあえずうまく行ったようです。双方向通信サポートもやっと有効になりました。

tcpip2023.jpgWSD Portってのは、何年か前、マイクロソフトが(親切にも)勝手に自動変更してくれたもので「Web Services on Devices」。そもそも「サービス」なんてのが怪しいですね。サービスにろくなもんはない。

何がいいのか知らんけど、ま、とくに問題ないからいいか・・・と座視していたのがダメだったかな。

ネットを調べると(想像だけど)ひんぱんなWindowwsUpdateが原因じゃないかとありました。なるほど。あれは何かと問題を起こしてるような雰囲気です。そもそも年に2回更新は過度すぎ。嬰児をあやすつもりだろうけどオモチャを与えて、寝ていた子をわざわざ起こして泣かす。

プリンタはすぐそこだけど無線ルータはいちばん北の部屋の窓際。かなり遠い。

 

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち2023年カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは2022年です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。