2005年3月アーカイブ

arnika3.jpgレベル10になりました。もちろん、まだArnika滞在中です。


Fighterはどんどん強くなって、すでにPowerStrikをマスター。だだし他の5人の武器はほんの気休め程度で、まったく効果を持ちません。Fighter一人で戦っている。

5人の連中、専門レベルは上がってるんですが各分野のスキルが弱い。せっせと使ってはいるものの上がってくれない。なかなか大変です。まだまだ辛抱でしょう。

早くスッキリと転職させたいものです。 
で、1時間ほど寝た。いい気分です。

起きてから昆布茶をいれて目を覚まし、それから風呂をいれる。最初に蛇口から水を落として浴槽を洗い、シャワーでまんべんなく浴槽の壁を洗い、水が落ちたのを確認してから栓を閉める。湯を入れ始めてから感覚としては10分くらい(たぶん実際はもっと長い)で電子音がピーピー鳴る。

日曜だから二度入りです。え?と言われるかもしれないけど、私はカラスの行水なので、二回も湯に漬かるなんてこの日しかない。(こんなことまで書いていいのか)

出てのんびりして、まだ奥さんが帰ってこないので食事の支度。支度ったって自分だけのことしか考えてませんから、今夜はとろけるチーズ1枚+薄切ハム3枚のオムレツ。それに午後スーパーで買ってきたキムチを少々。韓国メーカーキムチ(ただし何故か国産)なのでニンニク効いてます。これに酒を1本つける。1本といっても2合入りです。こういう場合、たいていは本をひろげてチビチビ飲みながら読むんだけど、今日はテレ朝のナツメロがけっこうよかったのでそのまま眺めていました。(昔は嫌いだったけど、なかにし礼ってのはすごい才能だったんですね・・。石狩挽歌)

だらだらやっていたら奥さんから電話が入って、帰宅が遅くなるらしいので、ちょっと休憩の意味もあってこんな日記を書いてます。

この調子だと今晩は飲み過ぎになるかな、ま、それもいいです。隣のリビングではテレビから「雨々降れ降れ」が流れています。えーと、あの丸顔の演歌歌手の名前が思い出せない。思い出せないときは頑張ってもダメです。どっちにしてもたいしたことではないんですから。 
晴れ

いい天気だなー。もうすぐ4月。南側のベランダは春の陽気です。

奥さんが出かけたので昼食はインスタントラーメン。これが一番簡単なもので、つい。

ネギが1本、冷蔵庫に入っていたのでこれをザクザクと空中乱切り。ついでにキャベツの皮を一枚、手で適当にちぎって入れ、グツグツ煮込み。クチャクチャに柔らかくなってから麺を投入。かなり品のない、でも味のいいラーメンが出来上がりました。

PCでゴソゴソ遊び、飽きたのでインスタントコーヒーをいれ、一休みしてからサッと洗い物。で、夕方近くなると少し眠くなってくる。どうしようかな。昼寝をするかどうか。そういえば最近はあまり昼寝をしてないなー。

ま、何にしろなかなかいい週末でした。

新潮社 ★★

 

hanjiro.jpg
このところ、読める本にでくわさない。数週前に借り出した海外SF数冊も途中挫折。

妻にすすめられて「おしゃべりワイン」(大村未菜 ベストセラーズ刊)を読む。ワイン雑学本だけど達者な文章で楽しく読めた。

で、この3連休に借り出したのが池波さんの「人斬り半次郎」。どういうものかなと半信半疑だったのですが、まぁ及第点。池波臭がちょっと強いものの、なんとか読めます。私の固定観念における桐野は「豪放」「恬淡」「単純」という程度ですが、ま、そういう扱いですね。特に青年時代の桐野(まだ中村か)はずいぶん可愛い男として描かれています。

ふと思いついて調べてみたら、桐野も体は巨躯だったらしい。実は村松剛の「醒めた炎」で「幕末の剣客、剣豪はみんな体が大きかった」という一節、目からウロコが落ちた記憶があります。やはり強くなるためには体力と腕力が必要。柔道と同じです。なんとなく小柄イメージの桂小五郎も実は大柄だったし(なんせ力・斉藤と言われた斉藤弥九郎 練兵館の塾頭)、坂本龍馬もそうです。だから池波さんが「西郷がもし小柄だったり貧相だったらあの活躍はなかっただろう」と何回も力説するのも納得できます。容貌、体力、身長・・人生のかなりの部分を支配しますね。池波さんは小柄だったんだろうか。

Fighterを先頭にして中央には少し体力のあるPriestとAlchemist。後陣に弱っちいPsionic、Mage、Bishopという縦陣を組んで、ぞろぞろとArnikaの街をうろついています。


arnika3.jpg闘う時は狭いドアからFighterだけ顔を出させて、後衛連中はひたすら呪文と飛び道具。もちろん修行僧とかパトロール連中の手助けがないと話になりませんが、こんなパーティでもついにレベル9まで辿りつきました。

PriestとAlchemist、Psionic、Mageはそれぞれ専門分野が60程度まで行きました。放っておいても育つ感じですが、問題はBishopですね。こいつだけは意図的に欲しい分野を伸ばさないとダメ。

しかしレベル9で、ようやくBishopの4分野、それぞれが30を越えました。30を越えるとあとは楽です。Priest分野はCharm、Psi分野はMindRead、迷いましたが錠開け呪文はAlcに割り振りました。Mage分野の有効呪文はたくさんあるので、たぶん少しずつは伸びてくれるでしょう。ただしMage呪文をBishopにまかせてしまうと、本来のMageの成長が遅くなる。このへんは注意が必要ですね。将来はSamuraiにしようと思っているMage、ただでさえ体力がないのに、魔法分野でも弱体というのでは話にならない。

このまま経験を稼ぎながら、なんとかPortalを覚えるまで我慢するつもりです。覚えたら転職して、それぞれの武器を装備。完全装備して陣形も変えて街道を戻り、例の修道院の大金庫室から剣と弓を入手する予定です。長くかかりそうだなー。 
晴れ

真冬のような昨日が今日は一転して春。変化が激しいです。

その寒さのせいでしょうか、昨日は何もしていないのに肩凝りが激しくて辛かったのですが、今日はかなり緩和。3連休で肩が凝るなんて言ったら働いている人に怒られますね。昨夜は子供の引っ越しの件でヤマト運輸と連絡が必要になり、奥さんが夜の9時過ぎに電話を入れたりしていましたが、東京のセンターにはしっかり担当員がいたそうです。仕事だから当然とはいえ、連休中日の冷える夜にもオフィスに詰めている人がいる。大変だなー。自分はぬくぬくとしていて、人に同情したりするのはなんとも気分のいいものです。

さて、と。今日は何も書くことがないなー。

来週は水曜日に飲み会。そんなに親しい連中じゃないんだけど、何故か好かれてしまっていて、声がかかった。費用もかかるし、あの連中、若いこともあって底無しのザル。あんまり飲まないようにしよう。まともに付き合ったら死んでしまう。

給料日までまだ数日あるのに、財布の中が心細い。なんとか貯金をと別分けにしていた万札を秘密の場所から取りだして補充しないといけない。なんやかんやで、もう1年以上前から心がけているヘソクリ(64ビットPCに作り替える資金)がちっとも貯まりません。
晴れ

水曜日はリフレッシュ休暇あけ同僚の慰労会。休んでた男を慰労というのも変だが、ゆっくり休んで久しぶりに出社してきたら事態がさらに劇的に悪化していることが判明して一気にドヨヨーンという状況なので、ま、いろいろ愚痴を聞いてやらないといけない。

行きつけの店が改装のため休業。ラムの店になるらしい。ラム肉料理は最近流行なんだそうだ。知らなかった。で、次に行った店も予約でいっぱい。仕方なくときどき昼飯を喰う牛タンの店に飛び込む。さすがに空いていた。

ビールが久しぶりで美味。しかしずーっとビールというものナンなんで、メニューにのっていた美少年の燗付けを頼んだら、東南アジアふう姐ちゃんに言下に「デキナイ。ダメ」と断られた。美少年クラスがそんな地酒銘酒扱いなのかねー。何なら燗ができるのかと聞いたら「アツカン」という。頼んでから徳利を眺めたら多聞だった。ふーん。

しかしまぁ、酒に切り換えたのは失敗。前回同様、7回の裏あたりから急テンポになって、もう1本、もう1本の連呼になってしまって、いったい全部で何本飲んだのか。翌日は地獄。同僚もこの日は物静かで、ほとんど口を聞かなかった。


しかし、まぁ、ともかく、やれやれ、なんとか1週間経過。肩こりが激しい。

今日土曜は朝食のあと一段落してから、先週届いたVAIOノート(キーポードを英語版に交換した=8400円)の整備。老眼鏡かけて、小さなネジ(洒落たVAIOのネジはやけに小さい)をたくさん外し、時々あちこちに小ネジが飛ぶとあわてて拾ったり、筐体の中から小さなハードディスクを用心しいしいひっぱり出して交換したり。あぐらをかいてやってたら、ちょっと腰が痛くなりました。

なんだかんだで、インストールの完全終了が3時過ぎ。今日の作業、代金とって請け負ったら3万~4万にはなるかな。ハードディスクも入れ換えたんだし。

こういうことをやってると、楽しいですね。当たり前か。パソコン自作が趣味っていう人も世の中にたくさんいるわけですから。いずれにせよ手を動かしたり頭を絞ったりして、何かを作りあげる、結果を出すという作業は楽しいものです。

あとは何をして今日を過ごそうかな。とりあえずPCを立ち上げてゴチョゴチョHTML修正。それから本でも読むか。今日はまだ一回も外出していないなー。 

ソニーマガジンズ

 

挫折。読めませんでした。大森望の訳だからたぶん大丈夫と思ったんだけどなー。

人類と共生してきたレトロウィルスが突然発症して、ネアンデルタール女性がポモサピエンスを生んで、ナントカカントカで世界の女たちが流産して、ナントカカントカで・・美人の遺伝子学者(かな)と衛生局(たぶん)の若手と困った学者が、なんだか不明のガタガタで・・・・。

あきまへん。上巻の半分弱まで我慢したけど、ダメでした。2冊も借りて損をした。あらためて版元をみたらソニーマガジンズ。決して決めつけるわけではないけど、確率的には非常にダメです。借りる前に確かめればよかった。だいたいグレッグ・ベアで面白い本ってあったっけか。どうも相性が悪いみたい。

薄日

夜、素足でベランダに出て、小さなポータブルチェアに腰を下ろす。左手には手製の古びた子供椅子が置いてあり、汚れた座面に灰皿が置いてある。前面はベランダの手すり。ステンレスの手すりの向こうに木々の梢が黒く見える。ささやかなスペースだが、一応は私だけの場所だ。

夜だから背後のリビングのカーテンは引いてあり、ベランダは暗い。半分引かれたカーテン越しの明るい部屋では妻がなにやら家事をしていたり、本を読んでいたり、テレビを観ていたりするのが見える。比べて対照的な暗さの広がりが、あんがい心地よい。

で、足を組んで一服していると、パジャマの裾から見える足がほの白い。パジャマが黒っぽいから、実際以上に足が白く浮かび上がる。本当は白くなんかなく赤汚い足なのだが、こういうときは風呂上がりのように清潔に見える。うら若い女の人の素足のようにも見える。

なんとはなく、自分のものではないような足を眺めながら、タバコを燻らす。時々、足をピクピッと動かして、自分のコントロール下にある自分のものであることを確認してみたりもする。

とりたてて言うほどのことでもない。ただ、この素足のことをいつか書いておこうと思っていた。それで今日、思い出して記しました。
arnika.jpgレベル5で街道へ飛び出し、ボロボロになってArnika入市。なんだろうが、かんだろうが入ってしまえば勝ち。あとはゆっくりパトロールの尻馬にのっては敵を挑発し、経験値稼ぎの毎日です。

 
このへんで経験稼ぎ
現在、レベル7ですが、専門職の連中の成長は早いですね。どんどんスキルが上がっていく。特に意識して使っているわけでもないのに、みんなスキル40くらいまで上がっています。もちろんBishopだけは例外で、こいつだけはスキル20~18ぐらいでアップアップしています。どこかの時点で特訓させないといけない。

これから当分の間はとにかくレベルアップとスキルアップ。闘えるのがFighter一人というのはさすがに辛いので、弱っちい専門職連中を早く呪文修行から卒業させて、本来の仕事である武人修行に切り換えないといけない。その間、Bishopも技を磨く日々となるわけです。

半日遊んだら、少々飽きました。本日は打ち止め。

VAIO

| コメント(0) | トラックバック(0)
晴れ

やれやれ、またこれで1週間クリアできた。そろそろ社外の人と話をしていると窮するケースも出てきました。まだ告げるわけにはいかないけど、嘘は言いたくない。引き継ぎスタッフが決まっていれば、そういう交渉事の時は同行してもらうのが正解と思うんですが、なんせまだまだの模様で・・・。

でも、あと、もう少しです。金曜の夕方は急に疲労が襲来して(一種の脱力症状のような感じ)、少し早めに退社しました。セコセコと片づけたので急ぎの仕事は区切りがついたし電車はすいているし、少しの早退でも体がかなり楽です。

今日、土曜午前中、ソニーからVAIOノートの引き取り業者(英語キーボードに交換)が来るはずなので、一応は外出せずに待機。とくに問題はないはずだけど、箱がないとか納期のこととか、なんか予想外を聞かれる可能性もあるので、ま、私がいたほうが安全でしょう。でも、なかなか来ないなー。9時~12時という約束なんだけど、もう11時55分です。

WEBでの申し込みだったけど、きちんと通じているのかな。・・・・・と思っていたら、チャイムが鳴りました。12時35分。まずまずの正確さというべきでしょうね。キーボードを交換して、1年間の保証書をつけて、キャンペーン期間価格で8400円くらいと格安。1週間強で戻ってくる予定です。
burz.jpgRapaxもほとんど制覇。そろそろ面白くないパターンになってきた。たいていこのへんで飽きてしまう。

というわけで悪い病気が出て、また新パーティを作ってみたくなった。

 
遊んでます
メンバーはPriest、Alchemist、Psionic、Mage、Bishop。Portalを5基セットできるのが強みです。ただこの5人では序盤を突破できないのは目に見えている(一人なら経験値をゴソッと稼げるからまた話は別だけど)ので、先導突破役にFighterをプラス。陣形はFighterを先頭にして、あとの5人は背後に隠れてコソコソと進む形をとってみた。はたしてこのパーティで無事にArnikaまでたどりつけるだろうか。

現状は修道院の地下をうろうろしているところです。そうそう、モードはエキスパート。おそらく、今度こそ宝箱は1回開けで通してみるつもりです。かなり苦労するだろうなー。Arnikaでかなりのレベルまで上げないと、他では通用しないと思います。



とかなんとか言ってるうちに、とりあえず山の上のBurzオヤヂのところに辿りつきました。みなさんのレベルは4。マジックレベルはもうすぐ30(Bishopだけはもっと低い)というあたりです。もう少し休憩したら、上階をスルーしてArnikaへ疾走かな。Arnika修行のあとでまた戻ってきて、それからミッションを受ける進行でも問題は生じないと思うんだけど。試しにやってみましょう。



とういことで・・・・やれやれ、さすがに軟弱者5人のパーティはキツイです。修道院の上階ではなにもせず、ただ通るだけ。レベル5で街道へ出てみました。

最初のカニさん連中はかわしましたが、途中でお化け蔦につかまって、これは仕方なく戦闘。それから途中の岩陰で一休みして、そこからまた疾走開始。曲がったところで頭無し連中が5匹、無頼漢連中4~5人などなど3組にでくわし、闘っても勝ち目はないのでひたすら逃げです。脳なしのModaiがあんがいしつこくて背中に追いすがってくるのを必死に振り切り振り切り、結局は仲間二人、BishopとMageの死骸をかかえてArnikaに飛び込みました。

ああ、疲れた。これからレベル15~16まではたぶんArnika滞在です。 
曇り

予報はずれで雪はなし。それどころか時折は薄日も差している。ま、けっこうなことです。

本を読み始めたんだけど、どうも乗れない。目が疲れる。PCを立ち上げて、だらだらとゲームを少しして、あちこちのサイトを少し眺めて、そんなことをしているうちに1日が過ぎます。休日の時間の進み方は早いなー。

ベランダから見るともなく下を眺めていると、公園のブランコでは赤いダウンのようなものを着込んだ女の子が母親と遊んでいる。寒いはずなんだけど、ちっとも気にしないで遊んでいる。その横のベンチには着膨れた男の人が本を持って座り、うつむいて読んでいる。

そのうち母親と遊び半分、ブランコを争っていた女の子がベンチを方をみてパパ!とか叫んだように聞こえたから、きっと3人家族なんでしょう。でも父親は気にしないで本に集中している。ベンチの冷えが遠く離れたこちらまで伝わってくるような日です。小さい子のいる家族って、なんといいますか、健気というか、応援してあげたいような心情になってしまいます。それだけこちらが年をとったということなんでしょうね。 
晴れ

昨日は予報があたって雪。窓から眺める都心の雪はビル風にあおられて、時に舞い上がり時に流れての乱舞、なかなかの景色でした。ただし歩道まで達するとあっけなくグサグサの水雪になってしまいます。

先週はさすがに退職の話が社内ネットワーク(シニア部門?)にのったらしく、あちこちで同年配の年寄り連中に声をかけられて立ち話。話すったって、そんなに深い話はしません。みんなそれぞれの問題かかえていて、みんなそれなりにキツイ状況にはなっている。以心伝心のような部分もあります。

それにしても噂が流れ出したようだしそろそろ潮時かなと、去年まで世話になっていた役員にも会って挨拶してきました。大きな声では言えませんがこのところ仕事に対するモチベーション、めっきり低下。あと○週・・とカレンダーをみて勘定しています。早く辞めたい。



今朝は晴れ上がって、いい天気になってきたので久しぶりに図書館へ。帰りにスーパーに寄って牛乳パックと酒。ズンと太い立派なズワイガニの袋詰めが「通常1980円のことろ980円!」に釣られてレジへ持っていったら、これは1980円だという。え?と見ると、私がカゴにいれたのは「ズワイ」ではなく「タラバ」でした。そりゃそうだ、こんなに太いズワイガニはいない。あわてて交換。タラバに比べると貧相に細い足ですが、家に帰ってから見るとそれなりのボリュームでした。今晩、さっそく賞味してみましょう。

話は違いますが、朝日新聞の土曜版、毎週旅をテーマにした記事がのっているのですが、このところ(というより最初からかな)ひどいですね。内容がハチャメチャ。エピソードが分離していて、誰が何をしたというのか、何を言ったというのか、続き具合がまったくわからない。読み直してもわからない。書き手の問題なのか、整理編集の責任なのか。レベルが非常に低いです。いけませんねー。

アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2005年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年2月です。

次のアーカイブは2005年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて